【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

BASEに学ぶ、FIXしたナビゲーションを使ったECレイアウト

BASEに学ぶ、FIXしたナビゲーションを使ったECレイアウト

BASE-LOGO

今回は「完全無料のショップサービス」として一時期話題をよんだ「BASE」のiOSアプリから購入してみました。
スマホで簡単ショッピング BASE(ベイス)
BASE-APP QR

1カラムでアイキャッチを大きく見せるレイアウト

BASE-Mall
モール画面はアイキャッチ画像1枚+ショップ名のシンプルなレイアウトです。

左右スワイプで商品カテゴリ変更ができ、スクロールすることでそのカテゴリのショップを見ていくことができます。

商品リストは2カラム化、Fixされたユーティリティパーツ

BASE-ロンブー淳

無料で簡単に開設できるためか、有名人やメディアの企画ショップなどにも使われている様子です。

右下の「お店のファンになる」を選択すると、ホーム画面でそのお店の新着商品が優先表示されるようになります。

画像を中心に置いた商品詳細

BASE-信州リンゴスター

商品画像を選択すると、この様なページが表示されます。

スワイプ切り替えができるメイン画像と商品名、そして価格・詳細商品説明が続くレイアウトです。

どのお店もほぼ同じレイアウトでしたので、この辺りは管理画面から編集できない仕様になっているのかもしれません。

「カートに追加」ボタンがかなり目立つような配色で、画面下に固定表示される様になっています。

決済~完了まで

BASE-決済画面

決済方法は銀行振込あるいはPayPal決済でした。

BASE-thanksページ

決済完了画面です。

ショップロゴ以外オーナー側で編集できない様子ですので、顧客フォローなどはメールで行うことになりそうです。

アプリならではの「プッシュ通知」

BASE-アプリ

アプリならではの機能だなと感じたことは、この「プッシュ通知機能」です。

モールに新しいショップが追加される度に送られてくるので、気軽にモールを訪問できる仕掛けとして有効ではないかと思います。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+