【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

スクロール無しでチケット購入ができるPeatixのページ構成とaishipRでの導入方法

スクロール無しでチケット購入ができるPeatixのページ構成とaishipRでの導入方法

通販の魅力の1つは「お店まで買いに行かなくてもいいこと」だと思います。そしてそう考えるとECサイトも簡単に購入できることというのはかなり魅力的なことではないでしょうか。

スマートフォンでスクロールせずに購入できるというのは結構魅力的なもので、position:fixedを使った購入ボタンの実装されたサイトは個人的にかなり好きだったりします。

というわけでそんな購入ボタンを持つサイトを紹介しつつ、簡単に実装サンプルを作ってみました。

サイト名 Peatix
URL http://peatix.com/?lang=ja
QRコード QRcode

3つのポイント

1:手札を眺めるような感覚の画面スクロール

app
これはモバイルアプリでの画面ですが、ページをスクロールするのではなく「カードをずらす」という動きになっています。

カードを一枚ずつ眺めていく様な感覚で動かすことができるため、スクロールに対する抵抗が少なくなっています。

2:スクロール無しで購入ができるボタン表示

sppage

Web版では画像のようにスクロール無しでカートボタンが常に表示されています。

カートボタンを探さずとも気に入ったタイミングですぐ購入ができるため、衝動買いがしやすい仕掛けとも思えます。

pay

また、購入画面でも「枚数を入力→決済方法が表示される」という流れのため「次に何をすべきか」がとてもわかりやすいくなっています。

3:購入後のチケット管理も簡単

ticket

購入が完了すると、モバイルアプリでチケットの管理を促す画面に遷移します。

アプリからスケジュールや運営側からの案内メール・特典紹介などをプッシュ通知で行えるため、アプリダウンロードへの自然な動線作りができているように思えます。

aishipRで実装する

せっかくなので、aishipRのformタグに合わせてCSSだけで再現させてみました。

See the Pen LEqOPy by hidetakaokamoto (@hideokamoto) on CodePen.

CSSコードサンプル

タブレットやPCサイズのブラウザでもそのまま使ってしまうと、少し間延びした印象が出てしまうと思います。

なのでレスポンシブに運用される場合は、mediaqueryでタブレット・PC幅の表示を調整しつつ使用してください。

#sysNumber {
    position: fixed;
    bottom: 0;
    width: 50%;
    background: #ddd;
    padding: 5px;
    height: 50px;
    text-align: center;
}
#sysNumber .sysNumArea {
    display: none;
}
#sysNumber select {
    padding: 10px;
}
#sysSubmit {
    position: fixed;
    bottom: 0;
    width: 50%;
    right: 0;
    height: 50px
}

#sysSubmit input {
    display: block;
    width: 100%;
    background-color: #53C354;
    color: #fff;
    padding: 10px;
    font-size: 1.5rem;
    cursor: pointer;
    border: 0;
    height: 50px;
}

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+