【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

スマートフォンサイトだから可能な利便性

スマートフォンサイトだから可能な利便性

今回もスマートフォンだから出来る便利と思うサイトを紹介したいと思います。スマートフォンはケータイ(従来型携帯電話)よりも利便性が高いものです。それらを活かしたサイト制作を実施してください。なお、具体的なデザイン・技術に関しては、このノウハウ集のカテゴリー別アーカイブ「デザイン・技術」ご参照ください。

■MensCasual(メンズカジュアル) http://menscasual.jp/

■スマートフォンだから出来ること
スマートフォンはケータイと違い、JavaScriptやjQueryを用いることが可能ですが、それを活かした機能が下記のとおりでしょう。

上記のように、本来ケータイでは表示させなければならい「カートを見る」といったものを一度に画面に大きく表示することによって、タッチはしやすくなります。さらに大きな意味は、このような表示を隠すことによって、購入者に訴求したいコンテンツをファーストビューで表示させるスペースを確保できることです。

■少し残念な部分
もう少し改善していただければと感じる部分は、このエリアがスクロールすると画面から消えてしまうことです。この部分がすぐに表示するようになれば、もっと利便性が高まるのではないかと感じました。

■まとめ
今回はスマートフォンだから可能である便利な機能を紹介しました。また、その機能を使うことによって、ファーストビューで購入者に訴求したいコンテンツのスペースを確保できることにも言及しました。スマートフォンECサイトもモバイルECサイトと同様で、ファーストビューで如何に購入者に「買いたい」「商品を探してみたい」と思わせるかが肝心です。そのようなことが、スマートフォンなら可能である・・・といった機能を十分活用して、サイト制作を行ってください。

( スマートフォンショッピングカートASP『aiship(アイシップ)』 昆 )

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+