【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

aishipRを開発したポイントについて書いてみる(その1)

aishipRを開発したポイントについて書いてみる(その1)

sakura

すでにリリースしている通り、レスポンシブECサイト構築ASP「aishipR」を発表していますが、今回はaishipRがどのように開発されたのかについてお話をさせていただきます。

aishipRの内容については、「レスポンシブ・ショッピングカートASP「aishipR」で、レスポンシブECサイトを実現する方法」で詳細がありますので、ぜひご参照ください。

aishipR開発の2つのポイント

aishipRでは下記の2点を特に主眼として開発を行いました。

  1. システム面においては保守性の高いものであること
  2. これまでの弊社の資産であるaishipで蓄積してきた要望等を活かすこと

それぞれ解説していきたいと思います。

システム面においては保守性の高いものであること

保守性とは…

ソフトウェアや機器、システムなどが持つ特性の一つで、維持・管理のしやすさのこと。

システムや機器などの場合には、一定の水準の機能や性能を保つ上で、日常的にどのくらいの作業が必要になるかといった点や、一部が老朽化したり故障した際にいかに容易に交換・復旧などが行えるかといった点が中心となる。

「保守性が高いこと」というのは、システムの維持・管理のしやすさはもちろんのこと拡張性が高いことも含んでいます。これは、お客様の要望にスピーディーにお応えするためです。これまでのaishipにおいてもより早く・正確にお客様のご要望にお応えすることに努めてはおりますが、それをさらに加速することができます。

ipadmini

photo credit: @NickyColman via photopin cc

もちろん、そこに安心や安全といったことが加味される…というよりは、まず第一に必要であることはいうまでもありません。弊社のようなシステムは24時間365日稼動しショップ様の商品をご購入できるため、どのようなときでもより安全でなければなりません。また、ご購入者様がより安心して商品を買っていただけるシステムにしなければなりません。このaishipRでも、それをさらに実現できるものとなっております。

蓄積してきた要望を反映させる

2点目である「これまでのご要望等を活かすこと」というのは、要望等が蓄積されているデータベースから精査して活かされているということです。具体的に言うと、これまでのモバイルECのシステムとしてご利用いただき蓄積された数千件以上の多岐にわたるご要望やショップ運営にとってより効率的・効果的な項目を精査して、優先的に機能として加えております。特筆すべきものとしては、

  • サイトを制作(構築)するうえで、ワンソースでマルチデバイスに対応できること
  • モールなど複数店舗の運営をより効率よく行えること

この2点になります。

これらを実現できるようにaishipRはより便利なものとなっております。もちろんaishipの利点であるサイト制作を行ううえでの「自由度」は引継がれており、よりこだわったショップ構築が可能となっております。さらにデバイスに依存しないデザインができ、もちろんデバイスごとにデザインを変更することも可能です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回はaishipRの開発にあたりほんのさわりの部分を書かせていただきました。もっと具体的なお話しは次回以降にすることに致します。よりご興味をお持ちになられた方や実際に触ってみたいという方は、ぜひお気軽にこちらまでお問い合わせください。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+