【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

スマートフォンサイトは情報量のコントロールが重要

スマートフォンサイトは情報量のコントロールが重要

■はじめに

MM総研の「2015年までの携帯電話・スマートフォン市場の動向予測レポート」によると、2014年度末には、携帯電話の総契約に対するスマートフォンの契約比率が過半数を超えると予測されています。

あと、たったの3年余りでスマートフォン契約者が従来の携帯電話(フィーチャーフォン)の契約者数を超えるというのです。

こうなれば、スマートフォンの対応というのは各社必須になるでしょう。

現状では、スマートフォン対応しているサイトが少ないので、早期に対応しノウハウを蓄積することにより、他社との差別化が可能になるでしょう。

今回は、スマートフォンを積極的に活用している「ユナイテッドアローズ」を取り上げたいと思います。

■スマートフォンサイトは情報量のコントロールが重要

先日の記事「安価なECサイトのスマートフォン対応方法とポイント整理」にもあるように、いま、PCサイトユーザーが減少し、スマートフォンユーザーの増加の傾向があり、PCサイトからスマートフォンサイトへのシフトが進んでいます。

そのためスマートフォンサイトが必要な訳ですが、だからと言って、PCサイトのコンテンツをそのままスマートフォンサイトに持ってくればいいかというとそうではありません。

PCサイトをそのまま持ってくると、スマートフォンという小さな画面には、情報量が多すぎる場合があるのです。

スマートフォンサイトは、従来型のケータイサイトとは違い、PCサイトのようにリッチコンテンツを表示させることができますが、情報量が多すぎるとユーザビリティは悪くなります。
逆に従来のケータイサイトほどの情報量だと訴求力に欠けるサイトになるかもしれません。

スマートフォンサイトでは、この情報量のバランス、コントロールに重要になります。

■ユナイテッドアローズ( http://www.united-arrows.jp/sp/index.html )の事例

ユナイテッドアローズの公式サイトは、画像を比較的多く使用しつつも、スライド表示やリストメニューといったスマートフォンサイトの基本的なテクニックを使用することでシンプルで見やすいサイトを実現できていると思います。
そして、シンプルでありながら、情報量は適度に豊富で、訴求力も損なっていません。

情報量のコントロールが非常にできていてバランスがよいサイトだと思います。

■まとめ

情報量のコントロールと言っても、当然、ターゲットユーザーや、企業の業種、ECサイトであれば商品等によって違ってきますし、サイトの見せ方もそれぞれ変わってくるでしょう。

しかしながら、ユーザビリティのよいサイトをつくるということにおいては、どのサイトも共通の目標です。

ひとつの答えがあるわけではないですが、上記のようなサイトを参考にしながら、日々サイトの改善を重ねていきましょう。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+