【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

ドン・キホーテ通販で買い物してみました

ドン・キホーテ通販で買い物してみました

ディスカウントストア ドン・キホーテ

今回は総合ディスカウントストアの「ドン・キホーテ」通販サイトで普段使いするフレグランス購入してみました。

サイト名 ドン・キホーテ通販
URL http://www.donkimall.com/
QRコード

実際のサイトは下記のような感じです。検索機能としても特徴的なものではなくシンプルな形になっています。フリーワード検索がファーストビューに置かれていると、欲しいものが決まっている場合などは商品まで簡単にたどり着けるのでオススメです。

上部の共通メニューが見やすくデザインされているので、アクセスがしやすくて便利ですね。

TOPページ

検索機能

商品到達まで

今回はフレグランスなので、ショップ一覧からフレグランスのページへ行きました。目的の商品もランキングにすぐにあったのでさほど苦労せず、スムーズに見つけることができました。

カート内について

商品をカートに入れて遷移をして行ったのですが、若干デザインのくずれや幅が最適化されてないようなのでその辺りが気になりました。

ボタンの大きさ

気になる点は「次へ」ボタンと「戻る」リンクが近すぎることです。ボタンの大きさもタップはし難い大きさなので、他のユーザーも押し間違えをしている可能性もあります。

タッチユーザーのユーザビリティを考慮する必要がありますね。逆にこういった細かいところに気をつけると、ぐっと使い勝手もよくなって購入率も上がるように思います。

参考:タブレットサイトのボタンサイズは32px以上がタップしやすい

終わりに

今回もある程度商品を決めていたので、購入するまでに商品へたどり着くのはさほど不便ではありませんでした。

カートやレジ内でデザインのくずれは商品を購入する分には問題ないのですが、気になる方は気になると思います。

ボタンの大きさについては、購入者のなかではいわゆる「カゴ落ち」している可能性もゼロではないと感じました。この辺りに注意して、もっと購入しやすい便利なショップにして欲しいと思います。

photo credit: wallyg via photopin cc

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+