ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【まとめ】スマートデバイス関連のニュース[5/7〜5/10]

【まとめ】スマートデバイス関連のニュース[5/7〜5/10]

スマートデバイス最新ニュースまとめ

みなさんこんにちは、aishipの上林です。

さて、携帯電話の買い替えサイクルが約3.3年なのに対し、スマートフォンの買い替えサイクルは1.7年と短いことが調査で発表されていました。

その他最新の市場動向や調査結果、キャリア各社の動きも要チェックください!


スマートフォン販売台数、3月に過去最高–買い替えサイクルは2年未満
http://japan.cnet.com/marketers/news/35031856/
3月は新生活や新入学に伴い販売が多い月ということもあり、過去最高の販売台数を記録。スマートフォン市場が急拡大した2010年から2年が経ち、割賦支払いを終えたスマートフォン利用者が端末を順次買い替えているケースも多い。


国内携帯電話・スマートフォン市場シェア、アップルが通期で初の首位に OSはAndroid
http://www.sbbit.jp/article/cont1/26303
2012年度通期のメーカー別出荷台数シェアは、アップルが2011年度の2位から順位を上げ、通期の総出荷台数としては初の首位を獲得した。出荷台数は1066万台(前年度比47.0%増)、シェア25.5%(前年度比8.5ポイント増)となった。


FileMakerとiPadでここまでできる――中小企業向けの安価なソリューション、あれこれ (1/2)
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1305/10/news021.html
iPad対応の業務システムを安価なコストで構築できるソリューションとしてFileMakerシリーズが注目を集めてます。最大の魅力は、PC/Macに対応する「FileMaker Pro」で開発した業務システムは、無料のiOSアプリ「FileMaker Go」を通じてiPadで利用できる点です。


子どものスマートフォン化の実態(1)
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1305/07/news048.html
スマートフォンの普及は若年層にも広がっており、中高生だけでなく、小学生も所有するケースが出てきています。ほかのデバイス所有率とも比較して、その現状を解説しています。


「ROM」って何? – いまさら聞けないスマートフォン用語
http://news.mynavi.jp/articles/2013/05/08/smartphone_word1/
スマートフォンは、携帯電話とコンピュータ両方の顔を持ちます。ですからスペック表を見ると、専門用語のオンパレード……おいそれと簡単に比較はできません。


逗子市議会 タブレットで資料閲覧
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130512/k10014512361000.html
業務の効率化やコスト削減を目指し、19人の市議会議員全員が貸し出されたタブレット端末で、議案や予算案などのデータをインターネット回線を使って見ることができるようになります。


スマートフォンはスーパーでの買い物にも影響を与えている – クックパッド
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/10/103/
発表によると、スマートフォンを所有するユーザーの40%が「スマートフォンによってスーパーでの買い物の仕方が変化した」と答えている。


2013年Q1のタブレット売上高、前年同期比で142%増加
http://eetimes.jp/ee/articles/1305/10/news050.html
タブレット端末の出荷台数は、2013年第1四半期だけで、2012年上半期を超え、出荷台数のランキングはAppleが第1位で、Samsung Electronicsが2位に続いています。


佐賀県武雄市、全小中学生にタブレット配布へ 14年度から
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1305/10/news085.html
校内にWi-Fi環境を整え、ネット接続もできるようにするとのことです。日本の教育の活性化に繋がることを期待したいですね。


以上です。
それでは今週もよろしくお願いいたします。

photo credit: ND-Photo.nl via photopin cc

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。