【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

意外と見落としている下層ページのタイトルタグ設定

意外と見落としている下層ページのタイトルタグ設定

サイトTOPページや各ランディングページについては、コンテンツに沿ってしっかりと企画・構成を練られる為、タイトルタグについてもしっかりと設定が行われておりますが、下層ページのタイトルタグを疎かにしておりませんでしょうか?

サイト訪問者は、どこのページでブックマークやお気に入り登録されるかは分かりません。意図せぬページで登録されても良いように、下層ページもしっかりとタイトルタグを設定しておく必要があります。

<タイトルタグの設定の際に気をつけたい4つのポイント>
(1) 露出場所を考えたタイトル付け
SEOとは何もGoogleの検索エンジン対策だけではありません。何らかの検索ツールを用い、辿り着いたユーザーに対し、SEOが満たせておけば良いのです。また、最近ではFacebookやTwitterへ連動投稿させるサイトも増えてきており、各媒体に応じた“見え方”を意識したタイトルの設定が必要です。

(2)重複タイトルを避ける。
最新のSEOでは、外部リンクに対するペナルティとともに、重複ページに対するペナルティが強化されています。同じようなタイトルが存在してしまうと、Googleボットがページの優劣を付けられなくなるといった、もっともな理由もありますし、それ以前に検索ユーザーが似たようなタイトルだと、どれにアクセスしたら良いか混乱してしまうことは言うまでもありません。それぞれのページにはオリジナリティがあるはずですから、ユニークなタイトルを設定することは、難しくないはずです。

(3)機械的なタイトル付けは避ける
かつてのSEOでは、目標キーワードの数や順序などを意識した設定がテクニックとして存在していました。しかし今は、読み手に読まれることを意識し、人の目を惹くタイトル付けが検索エンジン対策としても有利に働きます。

(4)ブックマークされることを意識する。
iPhone4の場合、全角10文字程度の表示となります。ブックマークの左側に、ユニークなキーワードが表示され、いつブックマークを見ても一目で分かるよう、タイトルタグを考慮しておく必要があります。

以上のようなタイトルタグを考慮したスマートフォンサイト作成について、弊社が提供するスマートフォン実績No.1ショッピングカートASP aiship ではタイトルタグをページ別にて設定することが可能です。管理画面からの設定方法につきましては、以下の通りとなります。まだaishipをご利用頂いてない方は、こちらよりトライアルをお申込頂くことができます。この機会に是非ご利用ください。

<まとめ>
トップページやランディングページだけじゃなく、各ページごとにタイトルタグをユニークに設定し、オリジナルコンテンツをどんどん増やしていくことで、サイトの存在価値が高まるだけでなく、多くの人の目に留まることに繋がることで、魅力的なコンテンツは更により人気が高まります。多くの人が注目するコンテンツの公開によりサイトの人気度(評価)を高めることなり、Googleの目指している検索ユーザーに有益な情報を表示させるという狙いとも合致します。

(スマートフォンショッピングカートASP『aiship(アイシップ)』 葉糸)

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+