【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

~事例でみる~ スマホECサイトのデザインと購入方法

~事例でみる~ スマホECサイトのデザインと購入方法

今回も、筆者が様々なスマートフォンECサイトを見ているなかで、事例となるデザインを紹介したいと思います。今回も、参考としたい点と気になる点(改善していただきたい点)をあわせて紹介させていただきます。

■参考としたい点(デザイン)
<売れ筋ランキングの多数表示>
下記の画像をご覧ください。売れ筋ランキングをフリックスライドを用いて1位から10位までを表示しています。ガラケーなどでは1位から3位までを表示させて、4位以下は別ページに遷移させているのが主流です。スマホECサイトでも、まだ多く見受けられるデザインです。しかし気になる購入者は、ページを遷移の煩わしさがなく10位までチェックできるのでとても嬉しいです。購買意欲を削がれることがないため、離脱を防ぐことも考えられます。
あと、別のカテゴリで3段連続で配置されているのも、なかなか面白いデザインです。

■参考としたい点(購入方法)
さらに「商品番号で注文」というのもリピーターの方には便利な機能です。既に商品番号がわかっているので、サイト内の商品ページをいちいち探す必要がないからです。そのような購入者の手間を省く機能は、ぜひ参考としたい点です。

■改善していただきたい点(レスポンシブデザインに対応してない)
ただ、残念なところはスマホを横にしたときに、下記のようなデザインになってしまうところです。もちろん、topページなどは横にしたときもキレイに表示されますが、肝心の入力部分が対応されてないのが残念です。

■まとめ
いかがでしたでしょうか。参考にしたい点(デザインと購入方法)は、購入者のことをよく考えておられるなと感じました。しかし改善していただきたい点としては、やはりスマホを横にしたときなどを考慮したレスポンシブなデザインです。今後はモバイル端末の大きさは多種多様になるでしょう。現在もスマホだけでなく、タブレットなど複数のモバイル端末があります。ますます色々な端末からアクセスされる「マルチデバイス」を意識したサイトが重要になってきます。そのようなことを考慮して、常に購入者がより買い物がしやすいECサイトの構築を意識してください。

スマートフォンショッピングカートASP『aiship(アイシップ)』 昆 )

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+