【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

購買欲を刺激する、買いやすく使いやすいサイト~勝手にサイトレビュー~

購買欲を刺激する、買いやすく使いやすいサイト~勝手にサイトレビュー~

■はじめに


今回は辛子明太子がどうしても食べたくなったので【久原本家 椒房庵(しょぼうあん)】様の通販サイトで購入させていただきます。

余談ですが、辛子明太子のスマートフォン向け自社通販サイトは今のところほとんど無いようです。検索を通じて上位30件ほどをチェックしてみましたが、そもそもモバイルサイトを用意されていないケースもあります。

モバイルユーザ、最近ではスマートフォンユーザが増大している中でこれは非常に大きな機会ロスをしていそうです。出来ることであれば自社モバイルサイトをお持ちいただき、更にスマートフォン向けの対応を早急に進めていただきたいところです。

サイト名 久原本家 椒房庵(しょぼうあん)
URL http://www.k-shop.co.jp/
QRコード

■素敵ポイント


素敵ポイント
1.お店を選んだ理由コンテンツ
2.親切なカテゴリ案内
3.商品をカートに入れるボタンに一工夫
4.商品の付帯情報 レシピ&FAQ
5.お届け希望日の「条件付き最短出荷」

※各図をクリックすると実寸大画像が表示されます

■お店を選んだ理由


トップページで気になったポイントは、ページの下部にある「選んで頂いた理由」というコンテンツでした。いわゆるショップレビューです。実際にサイトを利用したお客様からの声であるため、サイト利用や商品購入に対する判断材料になるところです。

サイトを利用する上で、気になるのがお店の評判や商品の品質です。サイトの雰囲気やコンテンツなどから感じ取れる部分もありますが、こうした実際のお客様の声が掲載されていることもサイトを利用する判断材料の1つになります。ショップレビューを収集されているショップ様はぜひ露出していきましょう!

(この理由の投稿フォームがサイト内に見当たらなかったのですが、ショッピングカートの一番最後にアンケートフォームがありました。購入完了と同時にショップレビューを投稿させるイメージです)

■親切なカテゴリ案内

親切なカテゴリ案内
トップページにあるカテゴリから「明太子」を選択すると図のようなページが表示されました。

これはいわゆる中カテゴリに該当しますが、一口に明太子と言っても様々な種類があるようです。このため各カテゴリでどのような商品を取り扱っているかを簡単に案内されているのです。種類があるということは知っていても自分の求める商品がどのカテゴリに分類されているのかが判断できず、この説明文を参考に商品を探し出すことができました。これは親切ですね!

■商品をカートに入れるボタンに一工夫

商品をカートに入れるボタンに一工夫
先ほどの中カテゴリを選択すると、商品の一覧が表示されます。
最低限の情報はここで表示されており、同時に「買物カゴに入れる」ボタンが表示されています。ここでボタンを押すことですぐにカートに商品を入れることができるのです。

ボタンを押してもカートには移動しません。その場で「商品をカートに入れた」という旨のメッセージが表示されます。いちいち移動しないので連続で商品をカートに入れることもできますし、移動の手間も省けます。
こんな感じです。

もちろん詳しく商品情報を見たい場合には、詳細ページへ遷移することもできます。そこにも同じ動作をするボタンが設置されていました。

商品を購入する場合は「購入手続きへ進む」に変わったボタンを押すか、もしくは各ページの一番上にある「買物かご」ボタンから進むことが出来ます。

■商品の付帯情報 レシピ&FAQ

商品の付帯情報 レシピ&FAQ
商品情報のページを覗いてみると、ページの下部に

・この商品で作るレシピ
・この商品のマスコミ掲載
・この商品のよくある質問

といったコンテンツが掲載されていました。

レシピを見せることで「おいしそう」「作ってみたい」という好奇心をくすぐり、

掲載雑誌を紹介することで商品への信頼感を持たせ、

よくある質問で気になることを解消させる。

非常によく出来た流れです。
商品に対する購買意欲を高める、面白いコンテンツですね。この流れに乗せられて、気付けばいつものレビューよりも多めに商品を購入していました。

■お届け希望日の「条件付き最短出荷」

お届け希望日の「条件付き最短出荷」
ショッピングカートは使いやすく、あまりストレスは感じられませんでした。会員登録をしなければ商品が購入できないところが個人的にはネックかな、と思った程度です。
特筆することもなさそうだな…と思いながら手続きを進めていたのですが、これはちょっと嬉しいな…!と思える出来事がお届け希望日選択画面に待っていました。

お届け希望日の選択ということで具体的な日付を選択させるセレクトメニューが表示されています。最短出荷が初期状態で選ばれているのですが、ふと見るとその下に「最短出荷(土日祝日以外着指定)」があるではありませんか!
仕事の都合や配達先の都合により、平日でなければ受け取れないということもあると思います。そういった方にはありがたい選択肢です。以前に別のショップさんともこの点について相談をした経緯があったので、私は妙に嬉しくなりました。


■まとめ


いかがでしたか?

それぞれのポイントの相乗効果もあり、非常に商品が購入しやすいなぁと感じたサイトさんでした。操作性を高めることも大きなポイントではありますが、「また買いたい」「また利用したい」と思えるサイト作りも非常に重要なポイントになります。そうした購入者さんに対する工夫がされているサイトさんだな、と思いました。

次回も「勝手にサイトレビュー」のコーナーをお楽しみに!

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+