【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

ページ閲覧履歴を表示しよう。

ページ閲覧履歴を表示しよう。

皆様もよくECサイトで「最近チェックした商品」や「商品閲覧履歴」というものが表示されているのを見かけると思います。

この機能は、ユーザーが過去に閲覧した商品をページ内に表示させる機能で、サイトの回遊性を高めることができます。

スマートフォンサイトでは、PCサイトより回遊性や一覧性が低いため、この機能は特に重要になります。

先日、以下のサイトで調理器具を購入しました。

このサイトにもやはり「閲覧履歴」が設置されていました。

閲覧履歴機能があることにより「さっき見た商品が見つからない!」というようなことは起こらずに簡単に見つけ出すことができます。

商品数が多くて、同じような商品をいくつも検索し何回も見比べた後に購入したのですが、閲覧履歴機能がなければ一度見た商品を再度見つけることができずに離脱していただろうと思います。

今回一ユーザーとして、この機能の便利さを体感しました。

aishipでも、「ページ閲覧履歴」機能というものがあります。
閲覧履歴を表示させたい場所に簡単に設置することができます。

是非とも購入者の離脱を防ぐために設置していただければと思います。

スマートフォンショッピングカートASP『aiship(アイシップ)』 山本 )

aishipはエンジニア・プログラマを募集中! 滋賀で次世代ECサイトプラットフォームの開発!

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+