【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【aishipスマホECサイト(デザイン)事例】ウィッグ通販 アクアドール様

【aishipスマホECサイト(デザイン)事例】ウィッグ通販 アクアドール様

■はじめに

前回に引き続き今回もaishipユーザ様のスマホサイトご紹介をします。

■ウィッグ通販 アクアドール様( http://aquadollwig.jp/ )

今回は、ウィッグEC本店では国内最大手の「アクアドール」様をご紹介します。

非常にカラフルで華やかなデザインですが、javascript等の使用は最小限に留めて作りはシンプルなUIになっており、見ていても飽きない、という印象です。

上記はトップページなのですが、非常に縦長のサイトで1ページ内に多くの情報を入れ込んでいます。「スマートフォンネットショップ構築のポイント!~画面遷移を少なくしよう~」でも記述しました、1ページ内に情報をできるだけ収めて、階層を浅くする(画面遷移を少なくする)ページ作りをされているように見受けられます。
必要以上にコンテンツページを分割して、画面遷移を多くしてしまうことはユーザビリティが損なわれますので、このような作りにされているのかと思います。

また適度な位置にバナーを設置したり、画像の配置の仕方など、タップしやすくするための工夫もされています。
どのページに遷移しても、特集ページへの導線(バナー等)が設置してあり、回遊性の高い導線設計がされています。

「新着ニュース」や「ウィッグのお手入れ方法」、「ウィッグのアレンジテクニック」等のコンテンツが豊富なことも見ていて飽きない要因の一つであると思います。

■まとめ

いかがだったでしょうか。
上記はあくまで私個人の感想です。

ご担当者様にお聞きしたところ”企業秘密”で多くをご案内することはできませんが、こだわっている点は、「サイトを綺麗に見せることを心がけている」ということでした。

現場のご担当者様は、商品を販売するために、私が考察するよりもはるかに深く戦略の立案、設計、デザイン、UI等を考えられていて、日々試行錯誤されているかと思います。

皆様も他社サイトを見て、「どのような戦略で、このようなサイトデザインになっているのか」に考えを巡らせてみてはいかがでしょうか。

( スマートフォンECクラウド型ASP『aiship(アイシップ)』山本 )

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+