【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

aishipユーザー様に取材しました! ―スマホサイトのこだわり― リネアストリア様

aishipユーザー様に取材しました! ―スマホサイトのこだわり― リネアストリア様

以前、このサイトでも記事(スマートフォンだから出来る!画像/デザインのこだわりECサイト 【aishipスマホECサイト(デザイン)事例】ウィッグ通販)で取り上げてた リネアストリア様に、実際にお会いして取材をしました。その際にお聞きした「スマホサイトのこだわり」について、抜粋したものを掲載します。スマホサイトやページを作る際のこだわりや注意点などについて、お話いただきました。
※実際の取材の動画や、その他詳しい内容はこちらにもあります。

■Linea-Storia (リネアストリア)様 http://ilovewig.jp/

■スマートフォンサイトのこだわりや注意点がございましたらお聞かせいただきたいです。
スマートフォンサイトについては、すごくこだわって作りこんでます。画像は携帯のものよりも「いい画質のもの」「キレイなもの」「インパクトのあるもの」を使うのですが、そのままの羅列してしまうとモバイルサイトと同じものになってしまいますので、いかにコンパクトに見せていくかということに注意しました。スマートフォンでのデザインについてはある程度定番がありますので、スマートフォン的なアイコンや文字などについてもこだわりました。

■購入者の導線などはいかがでしょうか?
階層が深くならないようにすることはもちろんです。作りこみはするのですが、ひとつのページに羅列していくというより、「動きを出すこと」と「コンパクトにまとまる」ようにに考え、例えばクリックして開閉可能な部分を作ったりしてます。また、ご購入者様がページに入ってから買い物カゴまでを、ひとつの直線でまとまるようにも考えてます。詳細を見たい方はそこをクリックすれば開いて見れるようにし、また閉じられるようにすれば分かりやすいが実は奥が深い、そういったことが実現できるように作りこんでます。

■モバイル、PC、スマートフォン、それぞれを比較してデザインは違いますか?
PCサイトは情報を可能な限り詰め込んだものになります。情報を可能な限り削ぎ落として、でもある程度残したものがモバイルサイトです。スマートフォンはPCとモバイルの中間・・・ではなくて、スマートフォン独自の表現にしてます。そこに今ある素材をいかに落とし込んでいくか、というところにこだわりがあります。スマートフォンはモバイルの2倍容量がいけるから、じゃあ写真を2倍使うのかということではなくて、スマートフォン独自の表現が出来るようにすごく気をつけてます。

■まとめ
「スマートフォンはPCとモバイルの中間・・・ではなくて、スマートフォン独自の表現にしてます」このコメントには「なるほど」と、うなずきました。よく耳にするのが、まさにご指摘があった「スマホサイトのデザインは、PCとモバイルの中間くらいでいいのでは・・・」ということです。しかし、やはりこだわってサイトを構築し売上を作っているショップ様は、それではダメだということをいち早く見抜いておられました。みなさんも今一度、そういった観点でサイトの構成やデザインをチェックしてみてはいかがでしょうか。
※実際の取材の動画や、その他詳しい内容は下記のURLからもご覧いただけます。
http://www.aiship.jp/case/

( スマートフォンショッピングカートASP『aiship(アイシップ)』 昆 )

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+