【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

スマートフォンサイトへの集客方法で効果的なアフィリエイト活用2

スマートフォンサイトへの集客方法で効果的なアフィリエイト活用2

皆さん、こんにちは。株式会社ファンコミュニケーションズ 岡村です。

前回「スマートフォンサイトへの集客方法で効果的なアフィリエイト活用」をお伝えさせていただきました。今回はより具体的にどのようにアフィリエイトが活用されているのかをお伝えしていきます。

■アフィリエイタは思っている以上に技術・情報をもっている。

まず、「アフィリエイト」というとどうしても最初に想像されるのが「ブログの端に貼られているバナー広告」というイメージを持たれる方が大変多くおられますが実態は少し違います。ブログの他に「ショッピングモール」「会員サイト」「まとめサイト」「比較サイト」「ランキングサイト」など様々な形でアフィリエイタは露出をかけていきます。

また、中にはリスティング広告やSEOを絡めながら露出をかけてくるアフィリエイタもおられます。

このように商材によりバラつきはありますが、スーパーアフィリエイタと呼ばれるアフィリエイタはいくつもサイトを保有し商材・成果報酬の違いにより露出の方法を変えてきます。

こと「スマートフォン」に目を向けてみても様々な形態でのアフィリエイト活動をされておられます。アメーバブログなどにみるブログASPは既に自動的にスマートフォンサイトに最適化されておりアフィリエイタは自分で広告選び出稿します。

また、前述したような「まとめサイト」や「ランキングサイト」なども無料で使える、スマートフォンサイト構築ツールなどを使いスマートフォン専用のサイトを作成した上で露出し、中には【アプリ】を制作し出稿されるアフィリエイタもおられます。

要するに、PCにて様々な露出をかけていたアフィリエイタがスマートフォンという新たなディバイスの出現によりアフィリエイタ自身も変化に敏感に対応しながらアフィリエイト活動を行なっておられるという事がいえます。

■スマートフォンでのアフィリエイト広告の特徴

それではスマートフォンでのアフィリエイト広告の特徴をご紹介します。

図1.はアフィリエイトでのコンバージョンの割合を示しています。

図1

※  japan.internet.com「傾向値で見るスマートフォンの普及」より引用

上記の図からはスマートフォンユーザーが純増していることも一つの要因として考えられますが、それ以上にPCのみのユーザーのみならず、これまでのフューチャーフォンでのアクティブユーザーがスマートフォンにシフトしてきたことにより、スマートフォンでのコンバージョン率が押し上げてきていることが考えられます。

※japan.internet.com「傾向値で見るスマートフォンの普及」より引用

図2はアフィリエイト経由でのコンバージョンの割合をディバイス、アフィリエイトサイト種類によって区分けした図になります。上記の図からはスマートフォンでのアフィリエイトは圧倒的に「ブログ」「比較サイト」「まとめサイト」からコンバージョンが高いと言うことが一目瞭然です。

ユーザーは商品を購入したりするときに様々なサイトで比較・検討を繰り返し、口コミを参考にしながら消費行動をとります。スマートフォンサイト構築やサイトのユーザビリティ向上はもちろんですが、その際にどれだけ多くの露出をかけ、売れる仕掛けを作っておくのかが最重要課題になるのです。その点、弊社「A8.net」は1,200,000サイトという日本最大級のアフィリエイトネットワークを保有しポイントサイト・大手ショッピングサイトはもちろんですが中でも数多くの個人アフィリエイトネットワークを保有していることが特徴といえます。

上記からスマートフォンサイトを構築することと同時進行でアフィリエイトにより販売網を広げる事が成長し続けるスマートフォン市場で勝ち残る方法の一つといえます。

緊急開催!!「A8.net×aiship合同セミナー」:https://fan-seminar.com/a8120405/

「A8.net」:https://support.a8.net/ec/start/

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+