【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

スマートフォン利用が3割増、PC利用は2ケタ減でモバイルシフトが鮮明に

スマートフォン利用が3割増、PC利用は2ケタ減でモバイルシフトが鮮明に

2014年、モバイルシフトはさらに加速

調査会社のニールセンより最新のインターネット利用状況に関する調査結果が発表されていました。これまでもスマートフォンの利用者数の増加に対して、PCの利用者数の減少が伝えられてきましたが、2014年度は本格的にモバイルシフトが進んでいる結果となりました。

TOPS OF 2014: DIGITAL IN JAPAN ~ニールセン2014年 日本のインターネットサービス利用者数ランキングを発表~

PC利用者数は全サービス2013年から2ケタの減少

2014年 日本におけるパソコンからの利用者数TOP10
出典:ニールセンの調査より

実感値としてスマートフォンの利用者が大幅に増えていることは感じておりましたが、数値で見るとその転換現象に驚かされます。

2013年から主なインターネットサービスの利用がPCからスマートフォンへ移行していました。そして2014年、Yahoo!、Google、YouTubeなどの主要なサイトでは軒並み10%以上のPC利用者の減少が見られます。

また楽天やAmazonなどのECサイトでもそれぞれ15%減、14%減と大きくPCからの利用者を下げています。

スマートフォンからの利用者数は3割超の増加

2014年 日本におけるスマートフォンからの利用者数 TOP10
出典:ニールセンの調査より

一方スマートフォンからの利用者数の変化に目を向けてみると、全体的には34%の増加。特に楽天(42%増)、Amazon(61%増)では平均を上回り大幅に増加しております。

ニールセンによると、月間のインターネット利用者数は2013年10月時点から約900万人増加、2014年10月時点で約4,400万人にまで拡大したとのことです。

中国tmallのセールの様子がすごかった

昨夜たまたまガイアの夜明けを見ていると、中国にAlibabaが運営する「天猫t mall」でのセールの様子が放映されていました。

日本のとあるドラッグストアチェーンがtmallへ出店し、大きく売り上げた話だったのですが、その際にあるセールで買い物をしている消費者の方がフォーカスされていました。

tmall
中国tmall

画面には上海近郊でカフェを経営する女性(24歳・おそらく中国では比較的富裕層)がtmallでのセールで買い物をする際に、自宅に友人を何人も呼んで一斉に買い物をする映像(まとめ買いをすると送料が無料になるため)。

5〜6人の女性が一斉に買い物をしている時に使っていた端末はどれもタブレットやスマートフォンで、誰一人としてPCを使っていません。

一斉にセールに参加する時にはPCの大きな画面に向かって買い物をした方が効率的ではあると思います。しかしながら彼女たちは全員モバイルデバイスを使って買い物をしていたのが、非常に印象的でした。

Google検索にスマホ対応ラベルが本格的に導入

先月Googleのウェブマスター向けブログの「検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために」でリリースされたように、日本でもスマホ対応ラベルが導入されています。

スマホ対応ラベル

2014年本格的にモバイルへのシフトが起こり、2015年にはアクセスベースでPCをモバイルが上回る予想がされています。

このブログのタイトルでもある「モバイルファースト」という言葉が出てきて5年程経ちますが、2015年はPCサイトを持たず、モバイルサイトのみで運営する企業も多く台頭するのではないでしょうか。

上林

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+