【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

スマートフォンECで成功するために①

スマートフォンECで成功するために①

皆様はじめまして。aishipセールスチーム岡村です。

今回から日頃接する、様々な企業様のECサイト例を中心に自分が感じることやちょっとした小ネタをお伝えしていきたいと思います。よろしくお願い致します。

これまでにもaishipノウハウ集にて様々な事例やスマホサイト制作での注意すべき点や多くの事例をお伝えしてまいりました。

私は前職でPCを中心としたweb広告に従事していた事もあり、『スマートフォンサイト=PCサイト』という視点で捉えていました。

しかし、スマートフォンが急激に普及してきた昨年の春以降に順調に売上等を伸ばしているサイトを見てみると、商品力・集客はもちろんではありますがCVRの非常に高いクライアント様の多くがスマートフォンサイトにしっかりと最適化しておられるという共通点を発見しました。なぜ、スマートフォン対応をしているのに売上が伸びるECサイトと売上が伸びないサイトがあるのか。今回はそこに着目していきたいと思います。

今回は再度原点に戻り、基本的な所から見直していきたいと思います。

スマートフォン最適化というとどうしてもインターフェイスの部分ばかりに目を向けてしまいますが、それ以上に大事なところがあることに気づいていないクライアント様がまだまだたくさんおられます。

具体的な例を見てみたいと思います。

【1】-1

TOPページはスマートフォン最適化されているものの、どの商品が一押しなのかというサイト内でのメリハリがなく平凡なサイトになってしまっています。

【1】 -2

商品ページでは表示されている形はスマートフォンサイトに最適化されていますが、エンドユーザーが知りたい商品情報等があまりにも少なく商品購入までいく確立を下げてしまいます。

【1】-3

お客様情報入力画面ではPCサイトのままの表示になっています。

これではせっかく訪問した購入意欲の高いお客様も離脱してしまします。スマートフォンサイトの本当の意味での最適化とは、形だけスマートフォンに適応したサイトをつくるのではなく、お客様がストレスなく買い物ができるユーザビリティを追求したサイトが必然的に必要となってきます。

次に完全にスマートフォンに対応したサイトを見ていきます。

【2】-1

TOPページになります。一番目立たせたい商品をTOPにもってきてお客様をひきつけます。

【2】-2

商品をカートに入れるページになります。このページはファーストビューにカートに入れるボタンを表示させ購買意欲の高いユーザーから商品が買える見せ方になっています。また、商品詳細も同じページ内に動画をおりまぜながらより商品詳細がわかるランディングページのようなつくりになっています。

【2】 -3

カートページに入れると空メール送信画面に移ります。スマートフォンECにとって空メール機能はなくてはならない機能です。空メールは確実に顧客のメールアドレスを取得し「入力間違い」やドメイン指定による受信拒否などをあらかじめリスクヘッジすることができ、購入するお客様を後押しする機能になります。

【2】-4

最後にお客様の情報入力ページに移ります。入力画面はもちろんスマートフォンサイトに最適化されている為、非常に入力しやすい表示になっています。また、前ページにて説明させていただいた空メールにてアドレスを取得しているのでアドレスの入力間違い等が起きません。

PCサイトでは【メールアドレス入力】→【確認用アドレス入力】が当たり前のようについていますがモバイル端末ではメールアドレスが複雑な場合(例えば顔文字など)が多いため絶対に踏んではいけない手順になります。

このようにPCサイトはPCサイトの魅せ方があるように、モバイルサイト強いてはスマートフォンサイトにはスマートフォンサイト用の魅せ方があります。

私もこれまで数々のECクライアント様とお付き合いさせて頂き、様々なECサイトを拝見してきましが、PCサイトには研究され尽くしたサイト構成やランディングページをご用意されている企業様が多いのですが、モバイルサイト・スマートフォンサイトはまったく手付かずの企業様が大半です。逆にスマートフォン市場が急成長している今、しっかりとECサイトに対する時間・お金を費やしている企業様は新規顧客を囲い込み売上を伸ばしておられます。

スマートフォンの登場により「ECサイトの仕事が増えた」のではなく、「どこにどれだけの仕事を振り分けるか」が最重要課題なのかもしれません。

尚、弊社ではスマートフォン市場や数々の事例をもとにした無料セミナーを東京・大阪を中心に随時開催中です。まずは情報収集という方から是非お越し下さい。

■ 「売上760%拡大!スマホのネット通販 企画構築ポイント」:http://www.aiship.jp/seminar/

( スマートフォンショッピングカートASP『aiship(アイシップ)』 岡村 )

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+