【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

スマートフォンサイト制作のコツ:スマホは横幅320pxではない

  • 2012.08.10
  • 2013.04.10
  • 技術
スマートフォンサイト制作のコツ:スマホは横幅320pxではない

スマートフォンサイトを制作する際に、横幅320pxでデザインしているひとはいませんか?

実は過去、このブログでも「スマートフォンサイトは横幅320pxで作ろう!」と宣言したことがあります。当時のほとんどのスマートフォンが横幅320pxであったために320pxを意識して作ることを良しとしていました(スマートフォンサイトでは画像を大きめにしよう)。

一方、『スマートフォンサイトは横向きで見ることもあります』『スマートフォンサイト制作のコツ:レスポンシブウェブデザイン』などの記事ではスマートフォンは横向きでも見ることがあるので柔軟なデザインをしましょうと具体的なテクニックを添えて案内しました。

ところが、この夏、状況が変わってきました。Android4.0の登場です。これまで縦向きの場合は320pxで作りましょうとしてきたのですが、どうもAndroid4.0の端末では様子が違います。正式にアナウンスされている様子もなく自分の目で確かめた限りですが、確実にこれまでと違う違和感があります。

どうやらAndroid4.0の横幅は360pxのようです。
※viewportのwidthにdevice-widthを指定した場合です。

確認したのはARROWS X F-10D, Xperia(TM) GX SO-04D, MEDIAS X N-07Dの3機種です。また、Galaxy Note もdevice-widthが400pxあることを確認しました。Galaxy Tabが400pxだったこともあります。

スマートフォンサイトを制作する際によく目にする“リキッドデザイン”や“レスポンシブウェブデザイン”というのは、従来の横幅固定前提のデザインではなく、横幅可変前提のデザインを実現するためのテクニックです。これらを理解していれば今回のような微妙な横幅の変更にも対応することができます。

スマートフォンサイトをデザインする際には、まず320pxで作るのはいいとして、その後、横幅が変更されても違和感なくレイアウトされるような柔軟なデザインを心がける必要があります。

( スマートフォンECクラウド型ASP『aiship(アイシップ)』河野 )

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+