【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

スマートフォンサイトは横向きで見ることもあります

スマートフォンサイトは横向きで見ることもあります

1. スマートフォンサイトを横向きで見たことありますか?
2. 2つのパターンを見比べてみてください
3. スマートフォンサイトのデザインのコツは“リキッドデザイン”

■スマートフォンサイトを横向きで見たことありますか?

スマートフォンでサイトを閲覧する時ほとんどの場合は縦表示が多いと思います。

ですが、スマートフォン向けに最適化されたサイトばかりでないので、中には横表示をすることもあるかと思います。もしくはたまたま横表示になってしまうこともあります。

そもそもスマートフォンではPCや従来型携帯電話と違って、閲覧する際に縦表示と横表示が共存しているのです。どちらで閲覧するかはユーザー次第となってしまいます。

■2つのパターンを見比べてみてください

上記のサンプルサイトを横表示にして閲覧した場合、以下の2つのパターンが考えられます。

パターン1:バナーが小さく余白あり

パターン2:バナーが横幅いっぱい

キャンペーンバナーのサイズが違います。どっちが良いでしょうか。

情報量を比較するとパターン1の方が多くなります。しかしながら、パターン2の方が迫力があるように感じます。この違いはバナーのサイズです。キャンペーンを案内するバナーですがこれはとてもアピールしたい情報です。このバナーが画面いっぱいに表示されていると閲覧者の気を惹くことができそうです。

■スマートフォンサイトのデザインのコツは“リキッドデザイン”

具体的に何が違うのかというと、画像の横幅の指定が違います。パターン1は横幅320px、パターン2は横幅100%指定をしています。

パターン1の場合は縦表示だと横幅が320pxになっているので横幅いっぱいに表示されますが、横表示にすると横幅が余ってしまい余白ができてしまいます。サンプルではセンター寄せを指定しているので左右に余白ができますが、指定していない場合は左寄せとなり右側に大きな余白ができてしまいます。

パターン2の場合は縦表示でも横表示でも常に横幅いっぱいに表示されます。こういった表示サイズに合わせてコンテンツの表示が変わるようなデザインのことを“リキッドデザイン”といいます。

すべての場合でリキッドデザインを採用すれば良いわけではなく目的によって取り入れるべきだと思いますが、PCや従来型携帯電話と違って閲覧する際に縦表示と横表示が共存するスマートフォンのサイトデザインをする上では、リキッドデザインを考慮することが重要となってきています。

( スマートフォンECクラウド型ASP『aiship(アイシップ)』河野 )

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+