【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

WordPressをローカル端末にインストールする方法

WordPressをローカル端末にインストールする方法

WordPressをPCにインストールする方法

WordPressというと有料のレンタルサーバーを借りて利用したりASPサービスのオプションサービスで利用するといった方法が一般的でしょう。しかしサーバーを借りずにまずは無料で試してみたいという方向けに通常のPCにインストールして利用する方法をご紹介します。

WordPressについて

WordPressとはwordpress.orgより無料でインストールして利用できる「blog作成システム」です。弊社モバイルファーストマーケティングラボもWordPressで作られています。W3techs.comの調査(2015年12月2日時点)によると全世界のウェブサイトの25.3%はWordPressで作られておりコンテンツ管理システム(CMS)市場の58.7%を占めています。

【参考】W3Techs – statistics and market share of WordPress for websites

豊富なテーマテンプレート、プラグインを用意

テーマテンプレート・・・WordPressで作ったブログの「デザイン」のテンプレートになります。デフォルトで用意されているモノから、個人で作って配布されたモノまで、多数のテンプレートが用意されています。

プラグイン・・・WordPressで作ったウェブサイトに、新しく機能を追加するための部品みたいなものです。プラグインをwordpressにインストールすることで簡単に目的の機能を追加することができます。

WordPressはSEOに強い

「WordPress (ワードプレス)はSEOに効果的である」ということは、数多くのSEOの専門家が認めています。Googleの検索エンジンを開発する部門の責任者の一人は、WordPress (ワードプレス)がGoogle検索におけるSEOに効果があるということを公認しています。

【参考】Google検索の責任者やSEOの天才も認めるWordPressのSEO効果
 

ローカルPCでWordPressを動かす

まずはXAMMPをPCにインストール

さて、本題に入りましょう。
今回はMacOS Xにインストールする場合を紹介します。まずは以下URLにアクセスして枠線部からXAMMPをインストールします。
https://www.apachefriends.org/download.html

  • 図のXAMMP 5.5.30/PHP 5.5.30の「Download」ボタンをクリックしてインストール開始です。
  • 「>next」ボタンを順にクリックしていき「>finish」をクリックします。
  • ダウンロード

    次にManage-ServersからApacheとMySQLを起動します。

    Manage Service
    次にブラウザを起動してhttp://localhost/dashboard/へアクセスして「Welcome to XAMPP for OS X 5.5.30」というメッセージが表示されていればインストールは成功です。
     

    ※もしかすると「MariaDB」に引っかかる人がいるかもしれません。XAMMPはこれまではApache・PHP・MySQL一式を指していましたが、公式がXAMMPのデータベースをMySQLからMariaDBに変更したようです。WordPressのデータベースもMySQLを使うという説明が通例ですがMariaDBで問題ありません。MariaDBはMySQLの派生DBであり、ことWordPressインストール作業ではMariaDB=MySQLと読み替えて作業してもらって全く問題ありません。

    Welcome_to_XAMMP

    MariaDBにデータベースを作成する

    WordPressをインストールするためにhttp://localhost/phpmyadmin/にアクセスします。

    データベースの名前を「wordpress」に設定します。名前を付けるだけで作成は完了です。

    画像3. データベース作成1

    151015_labo_phpMyAdmin3

    画像4. データベース作成2

    dbを作成

    XAMMPのセキュリティ設定をする

    MacでXAMMPのセキュリティ設定をする場合、以下のページがとてもわかりやすく解説していますのでご覧ください。
    初心者でも大丈夫!MacのXAMPP、セキュリティ設定

    WordPressをダウンロードしてXAMMPにインストール

    https://ja.wordpress.org/にアクセスしてWordPress本体をダウンロードします。
    wordpress本体ダウンロード
    ダウンロードしたzipファイルを解凍すると「wordpress」というフォルダが生成されます。ここで「wp」という名前のフォルダを/xammp/xammpfiles/htdocsの直下に作成します。wpのフォルダ直下に「wordpress」フォルダをインストールして完了です。
    ※/xammp/xammpfiles/htdocs/wp/wordpressという構成になるはずです。

    http://localhost/wp/wordpress/wp-admin/setup-config.phpにアクセスすれば以下のページにとびます。

    wordpress_setting
    「さあ、始めましょう!」のボタンをクリックします。
    wordpress_setting2
    ここでデータベース名・ユーザー名・データベースのホスト名・テーブル接頭辞は自動入力されていますので上述の「XAMMPのセキュリティ設定をする」で設定したパスワードを入力して「送信」して下さい。
    スクリーンショット_2015-12-06_17_58_51
     
    /xammp/xammpfiles/htdocs/wp/wordpressの直下にwordpress-config.phpというファイルを手動で作成し枠内のテキストをペーストし保存して下さい。できたら「インストール実行」をクリックします。

    スクリーンショット_2015-12-06_20_29_40
     
    インストールしたら「サイトのタイトル」を決定します。次にログイン画面でユーザー名「root」と「パスワード」を入力して「ログイン」をクリックすればいよいよwordpress利用開始です。

    スクリーンショット 2015-12-06 20.37.06
     
    wordpressの管理画面「ダッシュボード」となります。これでWordPressが使えるになります。お疲れ様でした!

    終わりに

    WordPressは関連書籍も豊富で、ネット上でもたくさんの情報を手に入れることができます。よって独学で容易に学習できるのもメリットの一つと言えるでしょう。今回はインストールで説明は終わってしまいましたが今後も不定期でWordPress関連記事についてご案内していきたいと思います。

    次回もお楽しみに!

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+