【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

WordPressのプラグインで簡単にAMP対応をする方法

WordPressのプラグインで簡単にAMP対応をする方法

WordPressプラグインでAMP対応

以前の記事、「Googleなどが立ち上げたAMPが静的ページを超高速化する!」でご紹介した、検索結果からのコンテンツ表示を高速化するAMP。AMPのHTMLの仕様に則って記述をすればAMP対応が可能ですが、今回はWordPressのプラグインを使って簡単にAMP対応する方法をご紹介します。

WordPressのプラグインをインストール

まずはWordPressのプラグインで新規追加から、「AMP」と検索します。いくつかプラグインが表示されますが、こちらのプラグインをインストールして有効化してください。

amp01

パーマリンクの設定を変更

設定を有効化したら、「設定」→「パーマリンク設定」へとすすみ「変更を保存」を押します。設定はこれだけでOKです。あとは、実際にAMPの設定がされているかを確認します。

AMPで設定したページにアクセスしてみる

問題なくインストールが完了したら、実際にAMPで設定してページにアクセスして表示を確認してみます。

確認方法は、通常のURLの末尾に /amp/ を付けるだけです。
例えば、
http://example.com/blog/sample が通常のURLであれば、
http://example.com/blog/sample/amp/ でアクセスしてみます。

実際に表示を確認して見ましょう。左が通常のページ、右がAMPを設定したページです。(※元のHTMLの設定うまく行っていないのか、表示がおかしいです…すいません)

左が通常ページ、右がAMPで構成されたページ
左が通常ページ、右がAMPで構成されたページ

AMPの正式運用は2月後半からの予定

GoogleによるとAMPの正式な運用は2月後半から予定しているようで、予定通りではそろそろ正式に運用されそうです。

AMPの公式フォーラムによると、まずは、ニュース系コンテンツを表示することも書かれています。

AMPの実際の動作は、Googleの公式ブログより確認いただけます。

ご紹介したAMPのプラグインはまだ正式版ではないようで、いくつか不具合も報告されていますので、インストールはご自身の責任で実施ください。

上林

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+