記事の内容やaishipシリーズに関するお問い合わせはこちらから

0120-173-163 お電話

[電話受付時間]平日9:30〜19:00

TOP

CATEGORY

SERVICE

WordPressのプラグインで簡単にAMP対応をする方法

WordPressのプラグインで簡単にAMP対応をする方法

WordPressプラグインでAMP対応

以前の記事、「Googleなどが立ち上げたAMPが静的ページを超高速化する!」でご紹介した、検索結果からのコンテンツ表示を高速化するAMP。AMPのHTMLの仕様に則って記述をすればAMP対応が可能ですが、今回はWordPressのプラグインを使って簡単にAMP対応する方法をご紹介します。

WordPressのプラグインをインストール

まずはWordPressのプラグインで新規追加から、「AMP」と検索します。いくつかプラグインが表示されますが、こちらのプラグインをインストールして有効化してください。

amp01

パーマリンクの設定を変更

設定を有効化したら、「設定」→「パーマリンク設定」へとすすみ「変更を保存」を押します。設定はこれだけでOKです。あとは、実際にAMPの設定がされているかを確認します。

AMPで設定したページにアクセスしてみる

問題なくインストールが完了したら、実際にAMPで設定してページにアクセスして表示を確認してみます。

確認方法は、通常のURLの末尾に /amp/ を付けるだけです。
例えば、
http://example.com/blog/sample が通常のURLであれば、
http://example.com/blog/sample/amp/ でアクセスしてみます。

実際に表示を確認して見ましょう。左が通常のページ、右がAMPを設定したページです。(※元のHTMLの設定うまく行っていないのか、表示がおかしいです…すいません)

左が通常ページ、右がAMPで構成されたページ
左が通常ページ、右がAMPで構成されたページ

AMPの正式運用は2月後半からの予定

GoogleによるとAMPの正式な運用は2月後半から予定しているようで、予定通りではそろそろ正式に運用されそうです。

AMPの公式フォーラムによると、まずは、ニュース系コンテンツを表示することも書かれています。

AMPの実際の動作は、Googleの公式ブログより確認いただけます。

ご紹介したAMPのプラグインはまだ正式版ではないようで、いくつか不具合も報告されていますので、インストールはご自身の責任で実施ください。

上林

                   
クラウドECのサイト構築はaishipR-カスタマイズ可能なASP実績No.1

累計2000社以上の導入の総合通販型カートシステムで、カスタマイズ性が高く、デザインの自由度はもちろん、各種システムとの連携や機能追加等も独自のカスタマイズができるため、こだわりのある本格的な通販を月額9,800円から実現できます。 またモバイルファースト設計や月2回の無償バージョンアップなどの特徴があり、使いやすさと最新性を追求した通販サイトを構築できます。 さらに信頼性の高いサーバーを採用しており大規模アクセスにも対応できるため、これからさらに通販での売上を伸ばされたい事業者様におすすめです。
         

WordPressカテゴリの最新記事