【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

仮想環境「Docker」の紹介とコンテナの作成

  • 2016.11.10
  • 2018.08.01
  • 技術
仮想環境「Docker」の紹介とコンテナの作成

こんにちは、開発部山田です。

突然ですが、みなさんは「Docker」という開発環境があるのをご存知でしょうか。

私も去年の秋から試験的に運用を開始し、今では実際の開発現場で無くてはならないツールになりました。当時の状況と比べるとブログの記事が豊富になったり、書店の情報処理を専門にしている一角にDockerのインデックスがあったりと、随分と馴染みのある言葉になってきたと感じます。

今日はそんな開発環境、Dockerについてご紹介したいと思います。

Google TrendsでもDockerキーワードの人気度は以下のように増えてきています。注目度の高さが現れていますね。

Docker環境の整備

私は普段Mac Book Proで作業してるのですが、

インストールしたツールは下記の2つくらいですね。

VirtualBoxのインストール

Mac上で仮想環境を実行するためのソフトです。

下記のリンクからダウンロードできます。
VirtualBoxダウンロード

上記のリンクからVirtualBoxのページにアクセスしてOSX用のものをダウンロードします。
(基本的にデフォルトのままインストールしてOKです!)

Docker Toolboxのインストール

Dockerを利用するための複数のコンポーネントがまとまったツールです。

下記のリンクからダウンロードできます。
Docker Toolboxのダウンロード

上記のリンクからDocker ToolboxのページにアクセスしてMac用のものをダウンロードします。

下記以外は基本的にNextでOKです!
Select Components
 ⇒「VirtualBox」「Git for Windows」のチェックを外す

開発環境を作った当時は無かったのですが、今は「Docker for Mac」もあるみたいですね。。。
これはまたまとまった時間があるに使ってみたい。

Dockerの起動

Docker Toolboxをインストールすると、MacのDock内に下記のアイコンが出たはずです。

dockertoolbox

このアイコンをクリックして起動すると、ローカル環境用のIPや環境変数を全部設定した状態でDockerの環境が起動してくれます。

                        ##         .
                  ## ## ##        ==
               ## ## ## ## ##    ===
           /"""""""""""""""""\___/ ===
      ~~~ {~~ ~~~~ ~~~ ~~~~ ~~~ ~ /  ===- ~~~
           \______ o           __/
             \    \         __/
              \____\_______/


docker is configured to use the default machine with IP 192.168.99.100
For help getting started, check out the docs at https://docs.docker.com

bash: /Users/yamadanaoki/google-cloud-sdk/completion.bash.inc

source ~/.bashrc: No such file or directory

こういうクジラのAAが出力されるはずです。

コンテナの作成

試しにコンテナを一つ作ってみましょう。

本当はDockerFile(プロジェクトの構成を一式書いたビルドファイル)を作成して一気にプロジェクトをビルドするのが実用的なのですが、それを書き出すと切りがないので、、、、

今回はDocker Hubから既存の環境をPullしてくる方法を紹介します!

Dockerコンテナをクラウドサービス上で共有できる「Docker Hub」というサービスがありまして(Git HubのDocker版のようなもの)、下記のリンクからサービスページが閲覧できます。

Docker Hub

サイト右上のSearchの入力エリアに必要なコンテナ名を入れると、関連するさまざまコンテナが検索できます。ここでは “centos” と入れてみましょう。

dockerhub

そうするとCentOSについてのコンテナが一覧で表示されます。

ansibleの様な構成管理ツールが元から入ってるコンテナもありますが、ここでは公式のCentOSから提供されてるコンテナを選択します。

dockerhub2

各コンテナの詳細画面にいくと、コンテナを自信の環境に導入するコマンド(docker pull)が記載されているので、そのままコピーしてMacのDcoker Toolbox上で実行します。

cenos

pullコマンド実行

>$ docker pull centos

これでMac上にひとつ仮想環境(CentOS)が構築されました。

VirtualBoxとDocker Toolboxは一度インストールするだけですので、後は必要なコンテナを追加して動かすだけという流れです。これくらいの手順でどんどんコンテナを追加していけるので、コマンドも複雑なコマンドもないので導入の敷居は低いかと思います。

皆さんもぜひDockerで新しい環境構築をしてみたください!!

以上、山田でした。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+