ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【Google】2021年3月以降モバイル環境でアクセス出来ないサイトをインデックスしない方針

  • 2020.10.16
  • 2020.10.20
  • SEO
【Google】2021年3月以降モバイル環境でアクセス出来ないサイトをインデックスしない方針

(2020/10/20 一部記述に誤解を招く表現があったため訂正いたしました。)

Googleのウェブトレンドアナリスト、ジョンミューラー氏がオンラインで開催されているPubCon2020のKeynoteで以下の発表をしました。

pubconでの発言

Content only visible on desktop will be ignored

つまり、「デスクトップ版でしか表示できないコンテンツは無視する」ということです。そしてインデックスをさせたいコンテンツ(構造化データ、画像、動画など)はモバイルで表示ができなければいけません。最終的な期限は2021年3月になります。

2021年3月以降はモバイルで表示できなければインデックス自体がされません。

これまで、
Googleが2020年9月に全サイトのモバイルファーストインデックス移行を実施

【Google】モバイルファーストインデックス移行を2021年3月に延期
でもモバイルファーストインデックスに関する記事をお届けしてきましたが、より具体的な内容と期限が明確にされた形です。

ジョンミューラー氏はまた、個別のm-dotサイトとして設定されているモバイルサイトのパフォーマンスについても言及しています。M-dotは、例えばモバイルサイトをm.example.comのように、サブドメイン(別々のURL)として設定しているサイトです。

別々のURLに対する対応

氏はこの対応について、特にhreflang属性を使用しているm-dotサイトではGoogleがSERPからデスクトップバージョンに送信出来ない可能性があるとのことです。

Googleはディベロッパーガイドでも別々のURLを推奨はしていません。

サイトの設定として別々の URL を使用することは推奨されません。実装と保守が困難なためです。レスポンシブ ウェブ デザインを検討してください。
https://developers.google.com/search/mobile-sites/mobile-seo/separate-urls?hl=ja

まとめると、

・2021年3月にはデスクトップページのみのサイトはインデックスから削除する
・MFI(モバイルファーストインデックス)は2021年3月に実施する
・Mドットサイト(モバイルとデスクトップで別々のURLのサイト)はインデクシングにバグが発生する可能性がある

となります。また詳しい情報が出次第お伝えしたいと思います。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。