【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

~スマートフォンリスティングの事例~

~スマートフォンリスティングの事例~

以前スマートフォン集客に関してアドネットワーク広告の事例をご紹介しました。
アドネットワーク広告は売れるサイト・売れないサイトを判別し、予算内で最適な効果が出せるように、CTR・CVRがないサイトは自動的に露出を繰り返します。

モバイルに比べクリック数はありますが、モバイルで売れている商材だからといってスマートフォンで売れているわけではないことをお伝えしました。理由はおおまかに下記2でした。
①スマートフォンでの「買い物のしにくさ」
②モバイルユーザーとスマートフォンユーザーの層が異なる

さて今回は同じクリック課金タイプのスマートフォンのリスティングについての事例をご紹介します。

実は最近、EC店舗様から「モバイルではリスティング好調だけど、スマートフォンってどうなの?」と質問をよく聞きます。やり方によっては、費用対効果がとれるプロモーションですので、この機会にお話ししたいと思います。

弊社はもともとモバイルに特化した売れる商材の卸や売れる広告を扱っている為、スマートフォンでも美容系の商材を中心に出稿しました。


ランダムに表示されるアドネットワークの露出法と違い、商品に潜在的関心があるユーザーのキーワード検索をもとに表示しますので、スマートフォンのアドネットワークのように
クオリティの高いバナー・スマートフォン対応のLPにそこまで留意する必要がないのではないか?という推測の元出稿しました。

出稿商品は下記はダイエット2商品です。

結果は以下になります。

ダイエット味噌汁:消化金額35,788円に対して、786クリック 15件 53,640円)
ほしのあきさんタイアップのダイエットジェル:消化金額45,878円に対して、322クリック   23件 68,540円)
費用対効果は両方とも約1.5倍弱でした。

見ていただければわかると思いますが、スマートフォン用に購入リンクを大きくしただけで、画像容量を増やしたりといったリッチコンテンツでは出稿せず今までと同じような
ガラケー用のLPを表示させました。
アドネットワーク広告のようにガラケーサイトをスマートフォンで表示させてもリスティング広告ではCVRは落ちない事がわかりました。
今のところ事例が少ないので確定的な事は言えませんが、無理にスマートフォンページに変更する必要はなさそうです。

ちなみに下記はリスティング広告の概要です。


上記からわかるようにキーワード単価はガラケーより少し高いぐらいなので、ガラケーで費用対効果がとれている商品があれば積極的にスマートフォンで出稿させるべきです。
ちなみにECサイトでスマートフォンリスティングは競合が少ないので、競合が入札する前に同カテゴリーでいろいろ試してください。
アドネットワークと違いバナーではなくテキスト原稿なので、モバイルで売れるキャッチが活用できます。しかもリスティングは一つの商品(URL)で、複数の原稿を入れる事もできますので、一度にABテストが可能です。

ノウハウが、なかなか見つからなかったスマートフォンにおいて、やっと良い事例ができました。スマートフォンユーザーの利用目的の75%はweb閲覧・アプリと言っていた以前より、コマースでの利用が増えてきた証です。

まとめとして
①ガラケーサイトでもリンクをタッチしやすく表示改善(スマートフォン向け表示)さえしていれば、リスティング広告ではCVRは落ちない。
②ECサイトでスマートフォンリスティングは競合が少ないので、競合が入札する前に入稿本数を増やす。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+