【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

無料で使える!ショップ運営に役立つCSV編集ツール

  • 2013.08.07
  • 2017.02.24
  • 技術
無料で使える!ショップ運営に役立つCSV編集ツール

無料CSVエディタのご紹介

ショップオーナー・店長さんが受注や顧客の管理をするうえでCSVを確認・修正する場面が多いですが、今回はショップ運営に役立つ無料のツールを紹介させていただきたいと思います。

CSVはテキストエディタやCSV専用のエディタで編集しなければなりませんが、実際にはCSVの編集はExcelで編集をする方がおられます。しかしExcelでの編集では以下の様な問題があります。

  • 数値の頭が「0」の場合、それが抜け落ちてしまう(「012345」が「12345」と表示されてしまう)
  • 数字の桁数が多い場合、元の表示はされなくなってしまう(「7.75.E+08」などで表示されてしまう)

これらを解決するには専用のCSVエディタを使えば解決しますので、筆者が使用しているものも含めて無料のソフトを紹介させていただこうと思います。

 

Cassava Editor

フリーソフトであり、多くのショップ様でご利用いただいているかと思います。起動が早く、文字コード・形式の対応も多く高機能でオススメです。

※以下はvectorでの紹介ページです
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se162309.html

Cassava Editorのキャプチャ

 

Kuto Csv Editor

見た目もExcelを触る感覚で操作が可能です。前述の「Cassava Editor」と共に筆者もよく使います。こちらもフリーソフトです。
※以下はvectorでの紹介ページです
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/writing/se455596.html

Kuto Csv Editorのキャプチャ

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

実際に訪問した先のショップ様の受注処理を拝見させていただくとお使いになっているのを目にしております。

皆様もこのような無料のツールを利用してオペレーションをされているようです。まだこのような便利な無料のツールで実際にショップ様でご利用されているものを紹介させていただきたいと思います。

※上記掲載のものは弊社ではサポートをしておりません。ご利用者さまの責任でご利用ください。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+