【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

細部までこだわる!スマートフォン対応

細部までこだわる!スマートフォン対応

以前の『スマートフォンらしいデザインにするだけで満足してませんか?』の記事の通り

スマートフォンの場合、サイトの回遊性を上げるためにボタンの配置など少し工夫をする必要があるのではないか?とありますが、今回は事例も合わせてご紹介させて頂きます。

実際に弊社でもECサイトを運営しておりますがガラケーとスマートフォンでは

“購入する場所”が大きく違います。

ガラケーの場合▼

ガラケーの場合ランディングページ一番最初の購入かコチラリンクから購入されるユーザーが多い。次は2番目の購入リンク。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

スマートフォンの場合▼

スマートフォンの場合ランディングページ下の方のリンクや

一番下のリンクから購入されるユーザーが多い。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■なぜガラケーとスマートフォンでは購入される場所が違うのか?

その原因は主に2点あると考えられます。

1、スマートフォンだとガラケーに比べネットの滞在時間が長い傾向にあり

一番下までじっくりと読みこんでから購入するから。

2、最後まで読まないユーザーだとしてもスマートフォン特有の画面を素早くスクロールさせた際、

指を画面から離しても急には止まらず、スクロールがある程度維持されランディングページの下までいくから。

上記のことからスマートフォンユーザーは“PCの替わり”としてスマートフォンを使うような傾向があるといえます。

ただスマートフォン特有の“スクロール”があるため、読み飛ばされてしまったりすることもあります。

スマートフォンECはまだまだ未知数ですが“ケータイ向けEC”と“PC向けEC”が融合されているような傾向があるのではと考えられます。

現状まだまだ研究段階ではありますが細部までこだわったサイト構築は必要になってきていると思います。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+