【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

政府・公的機関・NGOも採用するレスポンシブWebデザイン事例7選

政府・公的機関・NGOも採用するレスポンシブWebデザイン事例7選

ハワイ州公式HP

民間のサイト以外にも広がりつつあるレスポンシブWebデザイン

ECサイトをはじめ、企業のブランドサイトや製品紹介サイトなどにも積極的に採用が進んでいるレスポンシブWebデザイン。

今回はそんな民間企業とは逆に、「お固い」イメージのある政府や公的機関サイトでレスポンシブWebデザインを採用している事例をご紹介したいと思います。QRコードも付けてあるので、是非スマートフォンやタブレットでも読み取ってサイトを見てください。

首相官邸

首相官邸のHP

首相官邸
首相官邸QRコード

まずは日本の首相官邸から。

最近リニューアルを行い、レスポンシブWebデザインに対応していました。アコーディオンメニューなどでコンテンツをすっきり見せつつ、PCサイトのコンテンツの削らずに情報を上手く整理しています。

 

タイ国政府観光庁

タイ国政府観光庁

タイ国政府観光庁
QRコードタイ国観光庁

タイの政府観光庁の日本向け公式サイトです。タイ観光の最新情報や、宿泊施設、またタイの基礎知識や歴史などを学ぶこともできます。

 

Osaka Nightlife

Osaka Nightlife

Osaka Nightlife
QRコード大阪

大阪観光局が運営する外国人観光客向けの大阪の観光情報を発信するHPです。スマートフォンを使って街歩きをする観光客にとって、このようにマルチデバイスに対応している情報サイトの存在はありがたいのではないでしょうか。

 

国際標準化機構(ISO)

ISO

国際標準化機構(ISO)
QRISO

工業分野の国際的な標準である国際規格を策定するためのNGO「国際標準化機構」の公式サイトもレスポンシブに対応しています。標準規格を策定するというなんとも「お固い」イメージもありますが、マルチデバイスへ柔軟にシフトされていますね。

 

イギリス政府

イギリス政府

GOV.UK
イギリス政府QRコード

イギリス政府のHPもレスポンシブWebデザインに対応。行政のTOPから国民が閲覧しやすいHPへと対応するのは政府の姿勢にも好感が持てます。

 

ハワイ州公式サイト

ハワイ州公式HP

hawaii.gov
QRハワイ

個人的に大好きなサイトです。

政府の公式サイトらしからぬ、写真を大胆にレイアウトしフラットデザインを基調としたシンプルなサイト。天気のアイコンなんかもかわいらしくデザインされていて見ているだけでも楽しめます。

 

WWF(世界自然保護基金)

世界自然保護基金

WWF ー世界自然保護基金ー
wwfQRコード

世界最大規模の自然環境保護団体である国際的NGOである、WWF(世界自然保護基金)の公式HPもレスポンシブWebデザインを採用しています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

製品の紹介やブランドサイト、ECサイトなど民間の(特にBtoC)サイトではレスポンシブWebデザインの採用はかなり進んでいる段階ですが、このように政府や公的機関、NGOなどなかなか私達市民が自ら足を運ばないと閲覧しないであろうサイトにもマルチデバイス対応の必要性は迫っています。

世界レベルでのマルチデバイスからのアクセスの増加によって、民間・政府問わずユーザーが閲覧しやすいようなサイト作りをしなければならなくなってきています。

上林

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+