ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

検索結果のクリック率5%上昇!構造化データでリッチスニペットを表示する方法

検索結果のクリック率5%上昇!構造化データでリッチスニペットを表示する方法

リッチスニペットは検索結果に様々な情報を表示できる

  1. リッチスニペットとは
  2. リッチスニペットを使うには
  3. リッチスニペットを使ってみる

1.リッチスニペットとは

Google の検索結果にはページタイトルと共にページに関する情報が表示されます。一般的に description であったり Google の作成したサマリーであったりしますがその部分にページのより詳しい情報を表示することができるので、検索ユーザーはそのページの内容を把握しやすくなります。これがリッチスニペットです。

検索結果

ページタイトルや要約(description)だけでなく、著者情報やGoogle+のフォロワー数も表示されます。

通販サイトの場合は商品の詳細情報を Google に通知することでその情報を基に価格、在庫状況、レビューなどを直接 Google の検索結果ページに表示できます。

検索を実行したユーザーがページの情報を検索結果一覧で把握することができ、より詳細な情報が掲載されていればクリックもされやすくなります。

2.リッチスニペットを使うには

リッチスニペットを使うにはいくつかの方法があります。html タグ内でシンプルな属性を使う「microdata」、xhtml タグ内でシンプルな属性を使う「RDFa」、class 属性を使う「microformats」。この中でも Google は「microdata」を推奨しています。

リッチ スニペットと構造化データについて

これらは HTML コンテンツのメタデータを記述することができるもので、商品名などを挟むタグに記述するとそれが商品名であるといったことを検索エンジンに認識させることができるようになります。

このように検索エンジンがコンテンツの意味を理解できるようにすることをセマンティックウェブと言います。

3.リッチスニペットを使ってみる

ここでは Google が推奨している「microdata」を使ってみます。まずは簡単な商品ページのコンテンツ例です。

<article>
<span>商品名</span>
<img src="商品画像" />
<span>商品価格</span>
<div>商品説明</div>
</article>

これに item~ という属性をいくつか追記します。例えば itemprop=”name” と記述するとそこには商品名が書いてあるということを意味することができます。

<article itemscope itemtype="http://data-vocabulary.org/Product">
<span itemprop="name">商品名</span>
<img itemprop="image" src="商品画像" />
<span itemprop="offerDetails" itemscope itemtype="http://data-vocabulary.org/Offer">
<span itemprop="price">商品価格</span>
</span>
<div itemprop="description">商品説明</div>
</article>

上記以外にも様々な属性があります。詳しくは Google のウェブマスターツールヘルプをご参照下さい。また下記のように構造化データのマークアップを支援したり、テストができるツールも提供されています。

構造化データマークアップ支援ツール

構造化データテストツール

ECサイトでリッチスニペットを実装したら、検索結果でのCTRが5%上がったという検証結果もありますので、ぜひ実装をしてみてください。

河野

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。