【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

レスポンシブWebデザインを導入する大手企業が半年で150%増加

レスポンシブWebデザインを導入する大手企業が半年で150%増加

タブレット

大手企業のマルチデバイス対応状況

マーケティング会社のAtlas21社独自に行った調査が発表されていました。

2013年度版のアメリカの経済誌大手フォーチュン社の世界企業長者番付に掲載されている500社の企業サイトを調査し、マルチデバイス対応状況とその方法を調べたものになります。

世界主要企業サイトのレスポンシブデザインが150%増加

マルチデバイス対応ではレスポンシブWebデザインが大きく躍進

調査を要約すると、

  • レスポンシブデザインが前回比150%の増加となり、スマートフォン専用サイトは微増に留まっている。
  • マルチデバイス対応率は42%になり、前回に比較し6%増加、約半数に近づいた。

とのことです。

前回調査との比較では、レスポンシブWebデザインを導入している企業サイトは50社だったのに対し、たった半年で75社まで伸びています。

マルチデバイス対応状況
出典:世界主要企業サイトのレスポンシブデザインが150%増加

逆にスマートフォン専用サイトを構築している企業は130社→136社と微増の結果に。いかにレスポンシブWebデザインが注目され、実際に導入されているのかリアルな数字が見れる結果となりました。

とはいえ、マルチデバイス未対応の企業も過半数あり今後これらの企業がマルチデバイス対応をする際にどのような方法を取るのか注目したいです。

日本でレスポンシブWebデザイン導入が増加

国別対応方法
出典:世界主要企業サイトのレスポンシブデザインが150%増加

国別の数字で見た場合、前回調査に比べ日本企業のレスポンシブWebデザイン導入率が大きく増加しています。またアメリカでは企業数132社に対して、レスポンシブWebデザインの導入企業が28社となっています。

全体ではマルチデバイス対応をしている企業は42%となり、前回調査に比べ約6%増加し半数近くまで伸びている状況です。PCだけでなく、様々なデバイスに対応する姿勢を感じ取ることができます。

減少を続けるPCアクセス

2014年ECサイト予測!キーワードは「モバイル化」「マルチスクリーン化」」でも書きましたが、Yahoo!、Google、楽天、Amazonなど大手サイトのPCアクセスは軒並み減少しています。(Yahoo!ショッピングに至っては-12%も減少)

PCからのアクセス

逆に上記の調査のようにレスポンシブWebデザインを導入している大手企業が増えているということは、それだけモバイル/PCのデバイス関係なくサイトを閲覧するユーザーが増加しており、効率的に対応するにはレスポンシブWebデザインを導入するのがベストと判断した結果ではないでしょうか。

もちろんどのようなユーザーが訪問しているのかによって、その対応方法は変わります。BtoB向けのビジネスをしているところは今すぐモバイル対応の必要は感じられないと思いますが、逆にBtoC向けであれば、今すぐモバイル対応しなければマズイでしょう。

ユーザーがモバイルで訪問しているのかどうかは、Google Analyticsで簡単に確認することができるので、まだ把握されていない方はすぐに確認することをおすすめします。モバイル訪問が3割超えていたら黄信号です。

元記事では新たにレスポンシブWebデザインを導入した企業の例も挙げられています。エクソン・モービルSAMSUNGなど名だたる企業が出ていますので、ぜひご覧ください。

レスポンシブWebデザインサイト事例3選

確実に増加しているとはいえ、まだまだ制作方法やデザインイメージを掴みきれている人は多くありません。

そこで今回はレスポンシブECカートASP「aishipR」を利用してレスポンシブECサイトを構築されたサイトを3社ご紹介します。

フルーツマカロン通販ま果ろん

http://www.4seasons-macaron.jp/
http://www.4seasons-macaron.jp/

三愛水着楽園

http://www.netshop.san-ai.com/
http://www.netshop.san-ai.com/

メンズファッション通販 トップイズム

http://topism.jp/
http://topism.jp/

この他にもレスポンシブWebデザインを集めたギャラリーサイトなども存在しますので、是非合わせてご覧ください。

レスポンシブWebデザイン導入の無料相談、お見積りはこちら

上林

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+