【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

モバイルファーストインデックスでECサイトが実施すべきこと

モバイルファーストインデックスでECサイトが実施すべきこと

前回、速報でモバイルファーストインデックスがGoogleから正式に発表されたことをお伝えしました。今回はECサイト運営者がモバイルファーストインデックスに対して実施すべきことや気をつけなければいけない点についてまとめてみます。

また内容は随時追加してアップデートしていきますので、是非チェックしてみてください。

【Google公式】モバイルファーストインデックスを発表〜モバイル向けページが検索結果の評価基準に〜

モバイルファーストインデックスのおさらい

モバイルファーストインデックス(MFI)とは・・・

ページのランキングを決定したり、構造化データを理解したり、検索結果にスニペットを表示する際も、モバイル版のコンテンツが使用されるようになります。
https://webmaster-ja.googleblog.com/2016/11/mobile-first-indexing.html

Googleの検索ランキングを決定する評価基準の変更で、ポイントは以下の2点です。
・従来、PC版・モバイル版ともに検索順位や表示内容をPC向けページの内容を基準に決定してきている
・今後数か月で、モバイル向けページの内容を基準に順位や表示内容が決まるようになる

モバイルファーストインデックスでECサイトが実施すべきこと・注意したいこと

Googleは公式でウェブ運営者が取り組むべきこととして、以下の発表をしています。

レスポンシブデザインや動的な配信を行っているサイトで、主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で同一である場合は、何も変更する必要はありません。

主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で異なるようなサイトの設定を行っている場合、いくつか変更を検討してみてください。

レスポンシブデザインで構築していれば、特段問題はありませんが、気をつけなければいけない点があります。

レスポンシブサイトでコンテンツに差異を作らない

モバイルサイトのUIを確保する目的で設置されたメニューなど(例えば初期状態ではアコーディオンの中にコンテンツが隠れている)の場合は、特に問題ありません。しかしサイトにとって重要なコンテンツがモバイル向けサイトに存在しない場合は、評価に影響が出る可能性があります。

GoogleのGary Illyes氏もTwitterで質問に回答しています。

Q. モバイル向けページでコンテンツを省略しているとしたら、良くない影響が出るか?
A. そのコンテンツがページにないのであれば、ランキングの評価は相当厳しいものになる。

たとえレスポンシブデザインで構築しているECサイトであっても、コンテンツをPC向けサイトとモバイル向けサイトで分けていたり、メインのコンテンツをモバイル向けサイトで省略しているようなケースは注意が必要です。

その一方で、サイドバーのような補助コンテンツの省略は気にするほどの影響はなさそうです。

重要なのはメインのコンテンツでPC向けサイト、モバイル向けサイトで差異を出さない、つまりユーザーにとって不利益(サイト内で迷子にしない、たどり着けないコンテンツを作らない)を与えないことです。モバイルだから情報を省略するのではなく、PC向けに提供しているコンテンツもきっちりとモバイルで用意しなければいけません。

具体的な導入時期について

具体的な導入時期については、Googleからはまだ正式には発表されていません。今後数ヶ月先になるとのことです。ただ現在も気づかないレベルでの小規模な実験を繰り返し実施しているようです。

スマホサイトの内部リンクの設置について。PCと同じにすべきか?

PCと同じにする必要はありません。評価をする上では恐らく影響はないようです。

canonicalの設定について

現在別URLでPCサイトとスマホサイトを運営していて、rel=”canonical”とrel=”alternate”の設定を入れ替える必要があるのでしょうか?こちらは設定の変更等は一切必要ありません。Google側で適正に処理をしてもらえるとのことです。(設定を全て見直して変更かけていたら大変ですからね…)

以上になりますが、引き続きこちらの気をつけたい点についてはアップデートしていきたいと思います!

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+