【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

[事例]モバイル通販サイトの転換率アップ!『ジェルネイルキット販売』のモバイルサイトでみる商品企画からページ作りまで

[事例]モバイル通販サイトの転換率アップ!『ジェルネイルキット販売』のモバイルサイトでみる商品企画からページ作りまで

【ユーザー事例】

株式会社IML

販売商品:ジェルネイルキット

ジェルネイルキット販売のモバイルサイトオープンから、着実に売上を伸ばしている同社。

商品企画やページ作りなど、モバイル通販事業の運営のポイントついてお聞きしました。

・どういった経緯でモバイルサイトの立上げに至ったのかを教えてください。

元々は、メーカー商品のネットショップの運営委託事業を行っていました。

そこでネットショップに関する手法やノウハウを蓄積していくうちに、「自分だったらもっといいものが作れる」と思うようになりました。

運営委託事業だと自社の取り分が少ないこともあり、自ら商品企画から製造、サイト制作からプロモーションまで全てを行おうと思いモバイルサイト立上げに至りました。

・販売商品の「ジェルネイルキット」を選んだ理由は?

それまで多くのネットショップ運営に関わってきたので、どのような商品がよく売れるのかをわかっていました。

ネイルは、よく売れていたのですが、需要は多い割には、供給が少ない商品でした。

また、当時ネイルの一般向け商品にまともな商品作られていなかったというのも、ネイルを選んだ理由のひとつです。

ネイル商品は「かわいさ」が求められるのですが、かわいいものが非常に少なく、中国などで作られた安くて粗悪な商品が多かったので、自分たちがこのギャップを埋める商品を作れば、必ず売れると思いました。

・なぜ(PCサイトではなく)モバイルサイト構築を考えたのですか

現在は、PCサイトも運営していますが、ネイルという商品は若年層(F0層)がターゲットなので、おのずと流通はモバイルしかないと思い、先行してモバイルサイトを構築しました。

・モバイルサイトとPCサイトでは何か違いはありますか?

若干ユーザー層が異なります。PCサイトの方が、年齢層が高く、モバイルサイトとPCサイトの売上比率は、73くらいです。

商品の価格は、若年層(F0層)向けに、ぎりぎりまで価格を下げました。

原価等を考えると今となっては安すぎると思ってます(笑)。

今後は、商品を拡充し、モバイルサイトは1020代向けの商品、PCサイトは30代向けの商品を中心に販売して、一人当たりの単価を上げていきたいです。

・どのような媒体に広告を出稿しているのですか?

広告出稿については、第三者に評価させる手法をとっています。

例えば、人気ブロガーを使ったタイアップ広告です。

人気ブロガーに、自社商品をブログで紹介してもらうことにより、そのブログからの自社サイトへの誘導、クチコミによる販売促進、ブランディングが可能になります。

ネイルという商品は、生活必需品ではないので、ニーズ商品ではなくウォンツ商品です。

ウォンツ商品は、インフルエンサー(消費者に対してカリスマ的に大きな影響を与える人)に「いい」と言い切ってもらわないと、なかなか売れません。

・ページ作りにおいて、転換率UPのために心がけていることはありますか?

商品が同じであっても、広告によって、ランディングページを変えています。

例えば、一般的なバナー広告であれば、通常のランディングページを用意しています。

でも、ブロガーとのタイアップ広告では、ブロガーに合わせて、ランディングページを変えています。

具体的には、人気ブロガーの画像を多用し、人気ブロガーの言葉で商品紹介をすることしています。

また、サイトを訪れた人を離脱させずに巡回させることが重要ですので、あるページの下部には関連するコンテンツのバナーを貼り、サイト内を巡回してもらうように工夫をしています。

また基本的なことですが、読んでほしい文言は、色を変え、動かしたり、点滅させたりすることも重要です。

広告も転換率が高い広告を選ぶことが重要です。広告の効果を測定するツールもあるので、そういったツールは利用すべきです。そうすれば、どの広告が効果的かがわかるので、結果的にはコストを削減できます。

・最後にこれからモバイルサイトを構築しようとしている人にアドバイスをお願いします。

私たちもまだまだこれからなので、恐縮ですが。広告は買いましょう(笑)。広告を使うことを恐れないことが重要です。

どんな商売でも共通する部分がありますが、広告を打たないことには新規客はつかまえられません。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+