【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

「運用効率化 ~「モバイル端末」ごとに最適変換されるシステムを使いましょう!~」

  • 2011.03.01
  • 2019.06.21
  • 技術
「運用効率化 ~「モバイル端末」ごとに最適変換されるシステムを使いましょう!~」

■PC、モバイル、さらにスマートフォン用のページを作る時間なんてない!
私は仕事上、多くのWebショップの導入相談をされます。
Webショップのオーナー・店長・担当者から数多く寄せられる声は「PCの商品登録・情報更新、LP作成、メルマガ配信に受注処理・・・それだけ時間が無いのに、さらにモバイル・・・その上に、スマートフォン用のページ作成なんて・・・」
このような相談は、本当に多く寄せられます。
そうです。Webショップを運営している方々の大多数が、時間が圧倒的に足りないのが実情です。

■でも、モバイル端末用のページは必要・・・
これまで利用されている携帯電話、そしてスマートフォンを含めて「モバイル端末」と大きく括りましょう。
いづれにしても、これらのモバイル端末用のページ作成は必須でしょう。私が言うまでもなく、様々な研究機関の調査・統計データがそれを示してます。

■システムがモバイル端末ごとに最適に表示をしてくれれば・・・
では、一つのページを作成し、それがモバイル端末ごとに最適な表示をしてくれたらどうでしょう。かなりの運用効率化になるのではないでしょうか。
これまで多くのサイト運営者が、それぞれのモバイル端末ごと・・・携帯、スマートフォン・・・それぞれのページを作成してます。そして修正が入るたびに、またそれぞれに修正・・・。
サイト運営者にとっては悪夢の連鎖です。

■解決策=モバイル端末ごとに最適変換されるシステムを使いましょう。
もはや言うまでもなく解決策はただ一つ、モバイル端末ごとに最適変換されるシステムを使うことです。そうすることで、ショップ運営者は端末ごとにページを変換させている作業の時間に費やすよりも、より多くの時間をショップに訪れていただくお客様に対する「接客」のページ作成に費やすことが出来るのです。また本来はそうすべきなのです。
みなさん、システムを導入するときはこの観点を忘れないようにしましょう。

「モバイル端末」における最適変換の例

※このように、1つのページを作成するだけで、アクセスするモバイル端末ごとに最適変換される

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+