【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

レスポンシブWebデザインでLPを構築するポイント ~クレドヌーボー~

レスポンシブWebデザインでLPを構築するポイント ~クレドヌーボー~

レスポンシブLPのポイント

ECサイトを構築/運営していく中で必ず必要になるのがランディングページ(以下LP)です。以前の記事でも少し解説をしましたが、これまでLP構築はデバイス毎にサイトを構築する必要がありました。

しかしエンドユーザーのアクセス端末が多岐にわたり、それぞれの端末に合わせたLP構築対応は不可能になってきています。今回は実際にレスポンシブWebデザインでLPを構築された事例を参考に考察していきます。

サイト名 クレドヌーボー
URL http://shampoo.56-shop.com/
QRコード クレドヌーボーQRコード
コンテンツの共通化で構築の手間を劇的に軽減

レスポンシブWebデザインでは1ソースで全デバイスのサイト構築が可能です。また、画像などの素材も基本的に同じ素材を使います。

レスポンシブwebサイトでのLP構築のポイント
コンテンツの共通化

これまでLP構築の際にはデバイス毎に画像を用意しLPを構築する必要がありましたがレスポンシブWebデザインで構築すれば、その必要がありません。要するにこれまでのサイト構築の手間を大幅に軽減することができます。

ポイントはスマホでもPCの素材(画像等)を流用するため、スマホでもストレスなく読める文字の大きさで画像を作る点です。

PCサイトを基準にサイトを構築するとPCでは読める文字もスマホでは画像自体が小さくなってしまうため読めなくなってしまいます。

画像ではなくテキストを使ってリキッドなデザインにする

これまで多くのLPは画像で構築されているケースが非常に多いように思います。しかしレスポンシブWebデザインではあらゆる端末に対応できる為、テキストも端末の特徴にあわせたリキッドな表示の仕方をしなくてはなりません。

今回のクレドヌーボー様もできるだけ画像を使わずにテキストでサイトを構築しています。

テキストを使ってリキッドなデザイン
テキストを使ってリキッドなデザイン

これまでは画像で構築していたサイトもテキストにすることによりスマホなどのモバイル端末でアクセスした際も文字が潰れない上、表示速度の問題も解決してくれます。

デバイスに合わせたサイト構築も可能

前述ではいかにコンテンツを共通化させレスポンシブWebデザインでLPを構築するかを解説してきました。

しかしランディングページの場合、1枚のページの中でユーザーに伝えたい内容を全て表現し、コンバージョンしなければなりません。

どうしてもデバイス毎にサイトのレイアウトを変更したりデバイスの特性に合わせた表示のしたいという方が多いですが、レスポンシブWebデザインはデバイス毎の表示切替も可能です。

今回の事例のクレドヌーボー様も端末に合わせてコンテンツを用意し表示の切り替えをしています。

レスポンシブwebサイトではデバイス独自のサイト構築も可能
レスポンシブWebデザインではデバイス独自のサイト構築も可能
まとめ

今回のLPはレスポンシブwebサイトのポイントを押さえ、且つ非常にクオリティの高いサイトだと感じました。

サイト全体をレスポンシブ化することに悩まれている方はまずはキャンペーンサイトやPPC広告/アフィリエイト広告などのリンク先としてレスポンシブWebデザインでサイトを構築するのも1つの方法ではないでしょうか。

aishipR 岡村直寿

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+