【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

テスト自動化ツールseleniumIDEで、XPathを簡単な方法で知りたい

テスト自動化ツールseleniumIDEで、XPathを簡単な方法で知りたい

ブラウザ上で動作を自動化し、テスト等を効率的に実施出来るseleniumIDEについてお話しさせていただいてます。

seleniumIDEについては、過去に書かせていただいた「テスト自動化ツールseleniumでファイルのアップロード予約をする方法」をご参考下さい。

今回はseleniumのコマンドで入力し、対象を記入しているときに「XPathで入力したい」ということがたびたびあるかと思います。私もその一人です。

XPathとは…

以下にXPathについて解説しているページがあるのでご参考ください。

XPathとは、XML文章の中の要素や属性の位置を指定するための言語です。(XPath= XML Path Language)
XPathは、XML文章をツリーとしてモデル化し、各ノード(要素や属性)への位置を指定できるようにします。また、指定したノードに対して、条件判定を行ったり、文字列計算をしたり、計算結果を使用したりすることも可能です。
WWW INFOMATIONより

ブラウザのChromeであればデベッロッパーツールを利用してもいいのですが、seleniumIDEの場合は基本的にはブラウザはFireFoxです。FireFoxには便利になアドオンがいくつかありますが、その中の「Firebug」「FirePath」の合わせ技で使います。

設定

まずはこの2つのアドオンをインストールしてください。アドオンで「Firebug」「FirePath」と検索すればでてきます。

firebug
firepath

利用してみましょう

さてこの2つをインストールして(再起動して)FireFoxを確認してみましょう。
まずFirebugを立ち上げてみましょう。
これはキーボードの「F12」を押すか、もしくはブラウザのどこかで右クリックを押すと「Firebugで要素を調査」が表示されますのでクリックしてください。

クリックすると下のような画面になります。
ff1

「FirePath」をインストールしていると「FirePath」と表示されます。
ff2

そしてここをクリックすると・・・
ff3
出ました。上記の画像のようにXPathが表示されます。

あとは左にあるポインタに切り替えましょう。これで知りたい要素が選択できるようになるのであとはポインタを合わすだけです。
ff4

これを利用するとseleniumで対象が意図するように取得できていない場合に視認で見比べることができます。修正も楽です。

便利ですので一度お試しください。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+