【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

O2Oの垣根を超えたスマートフォンと実店舗の融合マーケティング事例

O2Oの垣根を超えたスマートフォンと実店舗の融合マーケティング事例

新しいスマートフォンの使い方

O2O(オンラインtoオフライン)という言葉の意味が大きく広がり、オンオフ問わずにネットと実店舗との連動が大きな意味を持ってくるようになってきました。

以前の記事「今見ておきたい!スマートフォン×O2Oの海外事例4つ」で太陽光を利用したタイムセールをご紹介した韓国のショッピングスーパー、E-Martでスマートフォンと店舗が連動した新たな試みが行われていたのでご紹介します。

セール商品の位置をスマートフォンで表示

動画は英語ですが、映像で使い方のイメージは掴んでいただけると思います。簡単な仕組みは下記のようになります。

1、店舗の天井にLEDライトを設置し、VLC(可視光通信)センサーを介してカートについている受信機にセールのデータを送信します。

2、受信機は、Bluetoothを通じて買い物客のスマートフォンにインストールされたアプリにデータを送信。
光を通してデータを送信

3,アプリには買い物客の位置やセール品、クーポンを地図上に示します。
セール品の位置を表示

4、選択したセール品までのナビゲーションや、商品のクーポンをダウンロードすることも可能です。
可視光通信でクーポンも配信できる。

 

技術の進歩の先にあるネットとリアルの融合

ユーザーにとっては膨大なスーパーの敷地で迷うことなくセール品へたどり着くことができ、さらにクーポンもゲットできます。お店側も買ってもらいたい商品やアピールしたい商品を効率的にユーザーに届けることができるので、お互いにとってメリットのあるマーケティングです。

日本では2月にドコモから「ショッぷらっと」というO2Oのサービスがリリースされましたが、E-Martの場合はより狭義の「このお店で買いたい理由」を作りお店のファン作りにも効果的な施策になっていると言えます。

技術の進歩とアイデアで、ネットとリアルの境目は次第になくなりつつあるのではないでしょうか。

aishipR 上林

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+