【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

レスポンシブなイベントサイト”WordFesNagoya2014”と便利な表示確認ツール

レスポンシブなイベントサイト”WordFesNagoya2014”と便利な表示確認ツール

今回はWordPress系のイベントサイト「WordFesNagoya2014」について、便利なレスポンシブサイトチェックツール「Am I Responsive?」と共にご紹介します。

サイト名 WordFesNagoya014
URL http://2014.wordfes.org/
QRコード WordFesNagoya QR

目次

  1. 4つのポイント
    • 1:レスポンシブデザイン
    • 2:CSSによるAnimation
    • 3:どこからでも申し込めるサイト構成
    • 4:「残席表示」で「今すぐ感」を演出
    • 5:「賑わい要素」としての参加者一覧
  2. 4デバイスを同時表示できる便利ツール「Am I Responsive?」

4つのポイント

1:レスポンシブデザイン

WordFesNagoya
このサイトはレスポンシブデザインで制作されているため、どこからでも不自由なくサイトを閲覧することができます。

フェス風のファーストビュー表示をタブレット・スマートフォンで非常に綺麗に調整されていました。

2:CSSによるAnimation

test1

またファーストビューのイラストは、背景の雲や風船がアニメーションするようになっています。

CSSAnimationを利用しているために読み込み速度への負荷も少なく、どのデバイスからでも違和感のない演出となっています。

3:どこからでも申し込めるサイト構成

このサイトでは、右側のメニューからいつでもイベント申込が可能な構成となっています。
WordFes

具体的に金額なども確認できる構成となっており、「参加したい」と思ったタイミングで申込をすることが可能です。

wordfes-1

4:「残席表示」で「今すぐ感」を演出

wordfes-3

申込フォームでは、それぞれのプランの「残席数」が表示されています。

購入するかしないかを判断するタイミングで在庫数や残席数などを表示させることにより、「今すぐ買わないと」と思わせることが可能となります。

5:「賑わい要素」としての参加者一覧

申込フォームに情報を入力していると、Twitter・Facebookアカウント情報を入力する欄が表示されます。

これはTOPページなどで「参加者一覧」を表示させるための項目となっていて、アカウントのアイコンと登録名が表示されるようになっています。
wordfes-4

ECサイトでは「今売れている商品」を表示させることで「賑わい感」を出すことがありますが、

イベントサイトでは「これだけの人が参加する」という「賑わい感」の出し方になるということですね。

wordfes-5

スマートフォンからは上部メニューを利用しての申込となります。

4デバイスを同時表示できる便利ツール「Am I Responsive?」

今回スクリーンショット撮影に「Am I Responsive?」というサービスを利用しました。

Am I Responsive?
Am I Responsive?

4デバイス分のサイト表示だけでなく、ドラッグ&ドロップでの並び替えなどもできる非常に便利なツールです。

am i responsive?- 並び替え

このような配置もドラッグ&ドロップだけで簡単に実現できます。

レスポンシブサイトを紹介する際などに是非ご利用下さい。

Am I Responsive?


”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+