ネットショップをレスポンシブウェブデザインにすべき理由

ネットショップをレスポンシブウェブデザインにすべき理由

今回はネットショップをレスポンシブウェブデザインにすべき理由を考察します。これまでネットショップの多くはPC中心のサイト運営をしてきました。2017年多くのネットショップのサイトは変化対応ができておらず、いまだPC中心の運営になっているのではないでしょうか。しかし時代が大きく2つ変わりました。それは「既にネットショップ利用者が既にモバイル中心になったこと」、もう一つが「PC向けのネットショップではなく、スマホやタブレット、PCなどマルチスクリーンに対応しなければいけないこと」です。

この時代背景からネットショップがなぜレスポンシブウェブデザインにしなければいけないか、逆にしなければどうなるのか、を考察します。

ネットショップ利用がモバイル中心に

既にネットショップ利用者の端末はPCからモバイル(スマホ)に移行しました。詳細は各発表のデータ等でご参考いただければと思いますが、2015年末頃にインターネット利用(ネットショップ利用も同じ)でモバイルがPCを上回り、モバイルでのネットショップ利用が中心となり、2016年ではもうモバイルが60%を超えています。

昨今発表のgoogleのモバイルファーストインデックス(http://www.aiship.jp/knowhow/archives/28836)のような動きもこれを象徴するものです。Googleの検索エンジンもPCファーストからモバイルファーストに変更するというものですので、もうモバイルが先、PCはあと、です。

このように単純にネットショップ利用がモバイル中心になったにも関わらず、PC中心のネットショップ運営をしていれば売上の伸び悩みは当たり前です。そもそもネットショップをPC利用者が多いときにネットショップをPC利用者向けに作って運用したのであれば、モバイル利用者が多くなった今は、モバイル中心に変更する必要があります。

ネットショップ構築運営はスマホ/タブレット/PCのマルチスクリーンが基本

このようなモバイル中心のネットショップにはなりましたが、しかしながらスマホ向けのネットショップのみを運用すればよいわけではなく、スマホ向けを中心に、タブレット向けやPC向けのネットショップサイトの運用が必要となります。要は、手間がかかる各スクリーン対応(スマホ/タブレット/PCなどのスクリーンサイズの違う端末向けにネットショップ対応)が必要となります。

このような、モバイル中心でマルチスクリーンの傾向はあと少なくとも4,5年は継続するでしょう。2017年にこれらの傾向が大きく変化する端末は登場していないし、たとえ来年登場したところで、世界への波及に3,4年はかかります。スマホのインターネット利用はこの先もう少しシェアは広がると思われますが、PCやタブレット利用が直近でなくなる明確な根拠はありません。ですので、PC中心時代からモバイル・マルチスクリーン時代へ移行し、この数年継続するモバイル・マルチスクリーン時代に対応させることこそがネットショップを維持発展させる大きな要因となるのは明確です。

それでは、モバイル・マルチスクリーンのネットショップ運営の方法はどのようなものがあるのでしょうか。
マルチスクリーン

ネットショップをレスポンシブウェブデザインにすべき理由

モバイル・マルチスクリーンのネットショップ運営の方法は、大きく分けて2つあります。
1つは分離構成、もう一つがレスポンシブウェブデザインです。詳細は(http://markezine.jp/article/detail/21180)

分離構成はこれまで多くのネットショップが実施してきたモバイル・マルチスクリーン対応の方法ですが、その欠点に
・手間や費用がかかりすぎること
・スマホやPCなどスクリーン毎にコンテンツを作ることでコンテンツ格差が生まれていること
・Googleがレスポンシブウェブデザインを推奨し、分離構成だとペナルティ等を受ける対策をしなければいけないこと
・タブレット対応ができないこと
などがあります。

レスポンシブウェブデザインはこれらの欠点を解消できるので、レスポンシブウェブデザインの方が分離構成よりも良いことになります。実はレスポンシブウェブデザインはこれらの欠点を解消し、モバイル・マルチスクリーン時代にネットショップ運営する方法として登場したものなので、当たり前なのですが。

逆に、ネットショップをレスポンシブWEBデザインにしなければどうなるのかを考えてみます。

まず、これまで通りPC中心のネットショップ運営をすれば、Googleのモバイルファーストインデックスの動きなども含め、ネットショップへの訪問者数はこれまで以上に急加速して激減していくことでしょう。また訪問者もネットショップ自体が使いにくく、競合のモバイル対応が進む中で相対的にも悪いイメージがさらに強まり、CVRも今以上に激減することになります。

そして売上(訪問者数×CVR×客単価)は急加速し減少することになります。そこで方法は分離構成か、レスポンシブか、どちらかの方法でモバイル・マルチスクリーンに対応する必要があります。人手不足のネットショップ事業者が分離構成をとるなら上記のような欠点が解消できず、モバイル・マルチスクリーン時代に応じたサイトの運用ができない状況になり、PC中心運用から脱却ができないことになります。要は少人数のネットショップ運営では売上の拡大はもちろん、維持すらできないことになるでしょう。

ですのでネットショップをレスポンシブウェブデザインにすべき理由は明確であり、モバイル・マルチスクリーン時代にネットショップ構築運営をする唯一の手段であるとも言えます。

ネットショップは流通小売業です。市場に対しての変化対応できた事業者のみが生き残ることになります。今一度PC中心からの脱却をし、ネットショップの変化対応の参考にいただければと思います。

【無料】タスク管理ツールやコミュニケーションツールを使って生産性を高めよう

【無料】タスク管理ツールやコミュニケーションツールを使って生産性を高めよう

ツールを使って生産性を高めよう

先月ですがプレミアムフライデーが始まりましたね(弊社では導入していませんが)。

今回は、チームで仕事をするときにコミュニケーションやタスク管理に便利な弊社でもよく利用してるツールを紹介(主に非エンジニア向けのツール)します。
すべて無料で使えて有名どころ(代表的なサービス)なので、まだ利用していないのであれば一度試してみる価値はあると思います。業務を効率化して月末金曜日は早く帰りましょう。

Read More

スマホECでの離脱防止ツールの決定版!Veを使ってみた

スマホECでの離脱防止ツールの決定版!Veを使ってみた

ECサイトの課題として常に挙げられている、サイト離脱。特に「カートに商品を入れてからの離脱」は、ユーザに購入意思があったにも関わらず、何らかの理由で離脱してしまう、とてももったいない状態です。スマホECでは特に入力の面倒くささから途中で購入を止めてしまったり、通信が途中で途切れてしまい、そのままサイトを閉じてしまう等原因が考えられます。

そこで今回はカートに商品を入れた状態で、何らかの理由でサイトを離脱したユーザにリマインドのメールを送信することが出来る便利なツールをご紹介します。

Read More

HTML5で動画を再生する方法

HTML5で動画を再生する方法

MP4形式の動画をHTMLに埋め込んで再生しよう

サポート部の市川です。
先月の記事ではYoutube動画の埋め込み方法をご紹介しましたが、
今回はスマートフォンで投影したり、動画編集ソフトを使って作成したmp4動画をページに埋め込んで再生するための方法を紹介します。

実際の商品の動きや音などを確かめる際に、動画は大変有効です。
ECサイトなどでは購入につながる可能性も高くなるので、覚えておくと大変便利です。
Read More

Google公式モバイル対応テストツールで課題を丸出しにしてみる

Google公式モバイル対応テストツールで課題を丸出しにしてみる

みなさんこんにちは、セールス部の岡村です。2017年もあっという間に1か月半が経過しました。来年度に向けてECサイトをどうしていくか戦略を立てる時期に来ています。そこで今回は原点に帰り、自社のサイトが本当にモバイル対応できているのか?をチェックし戦略を立てる上でのヒントにしていただければと思います。
Read More

モーダルウィンドウを活用して簡単にWEB接客を導入する方法

モーダルウィンドウを活用して簡単にWEB接客を導入する方法

2月になりましたが春の訪れを感じるよりも、寒さが厳しさを増しております。

2017年も気づけば2月ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。
サポート部の葉糸です。

2016年にEC事業者が注目したキーワードの1つ、WEB接客。WEB接客とは、サイト訪問者に対し、探しているページへ誘導を行ったり、クーポンを表示させて購入意欲を高めたり、購入完了までのサポートを行ったり、あるいは買い忘れ商品の提案をすることで、購入率や購入単価を向上させることを目的としており、引き続き2017年も注目されるキーワードとなるでしょう。

WEB接客には、サイト上でリアルタイムに応答する「チャット型」、サイト訪問者の行動や特徴を解析し、個々のサイト訪問者にあわせた接客を行う「行動分析型」などがありますが、今回は、サイト訪問者に対し、クーポンやバナーを表示させるjavascriptをご紹介します。
Read More

商品ページでユーザーを迷わせない!カートへの固定ボタンをふわっと表示

商品ページでユーザーを迷わせない!カートへの固定ボタンをふわっと表示

長いスマホ商品ページでも購入導線をわかりやすく表示し離脱を防ぐ

画像やテキストで商品が訴求された長い商品ページは商品の情報が充実していてるのですが、いざ買おうと思ったときに「どっから買うたらええねん」となってしまうことがあります。特にスマートフォンでは画面が小さい分注意。

そうなってしまわないように、今回は商品ページでユーザーにを迷わせないようにカートボタンへの固定ボタンを表示させます。
Read More