【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【まとめ】スマートデバイス関連のニュース[7/29-8/4]

【まとめ】スマートデバイス関連のニュース[7/29-8/4]

スマートデバイス関連ニュース

今週月曜日も最新の市場動向や調査結果、キャリア各社の動きなどをご紹介いたします。

今週は、【高校生のスマートフォン所有率55%に】といった内容の調査記事5本を含むニュースが届いております。

まとめをチェックして、今週も幸先の良いスタートを切りましょう!

レポート・リサーチデータ

高校生のスマートフォン所有率55.0%、2年間で3.7倍に。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/130801/prl1308011409053-n1.htm

リクリート進学総研の調査によると、高校生のスマートフォン所有率が55%、機種ではiPhone以外が32.6%という結果になりました。

また電話・メールだけでなく、LINEやtwitterといったSNSの利用率も過半数を超えています。

「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」第6回分析結果報告

http://www.hakuhodody-holdings.co.jp/news/pdf/HDYnews20130730.pdf

こちらは博報堂DYグループの定期調査の結果です。

スマートフォン保有率は前回調査(2013年2月)より0.5ポイントアップして、「46.1%」となっています。ただ伸び率は鈍化をしており普及率は頭打ちになっているのかもしれません。

[データ] タブレット市場、Androidシェア拡大67%に、iPad突き放す

http://bizmash.jp/articles/48236.html

2013年2Qの世界タブレット出荷台数では、Android端末が67%を占め、iPadの28%を大きく引き離しました。

新製品が少なく、市場全体が緩やかかな伸びにとどまる中、割安なタブレット端末の存在感がさらに強まっているようです。

このまま行くと2014年第二四半期にタブレットの売上台数がPCを抜く

http://jp.techcrunch.com/2013/07/30/20130729at-current-pace-tablets-will-outsell-pcs-by-q2-2014/

このままのトレンドで進むと、2014年2Qには売上台数でタブレットがPCを上回るとの予測がされています。

Google がスマートフォン大規模調査を実施、日本は普及率低いが利用は活発

http://japan.internet.com/allnet/20130802/5.html

今年で三回目となるGoogleとIpsos MediaCTとのスマートフォン利用に関する調査の2013年度版が公開されています。

日本の普及率は他国と比べて高くはないものの、利用率(有料アプリなど含む)が非常に高く、活発に利用されている実態が明らかになりました。

スマートフォン関連ニュース

スマートフォンの電池容量を最大10倍に 信越化学工業が新材料

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00251008.html

スマートフォン利用の不満点で常に上位に挙げられている「バッテリーの持ちが悪い」

量産化が進めば、このような問題も解決できそうです。

NEC、スマートフォンの新規開発を中止 – タブレット端末事業については継続

http://news.mynavi.jp/news/2013/07/31/183/

筆者もガラケー時代、NECの端末はよく使わせて頂いていました。個人的には少し残念です。

「HDMI」「MHL」とは? – いまさら聞けないスマートフォン用語

http://news.mynavi.jp/articles/2013/08/02/smartphone_word15/

テレビやビデオに接続するHDMI端子、最近スマートフォンにも搭載されているのを見かけます。今回はHDMIとMHLについてご紹介。

シャツとスマートフォンが連動!?着ているだけで心拍数や呼吸状態が分かる!

http://www.appbank.net/2013/08/02/iphone-news/645919.php

スマートフォンと連動するフィットネスグッズが人気ですが、スマートフォンと連動して心拍数や呼吸の状態などを図れるシャツが登場。

離れて暮らす家族の健康状態なども確認することができるようになるとか…

高値で売られる中古スマートフォン

http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323670304578638502876257728.html#slide/1

中古のスマートフォン市場が活況を呈しています。

タブレット関連ニュース

パソコンのつもりがタブレットだった!?スマホ、タブレット、パソコンの違いが分かりますか?

http://news.livedoor.com/article/detail/7916552/

機能的には垣根がなくなってきた、スマホ・タブレット・PC。その線引の1つとしてOSの違いで使えるアプリや接続できる機器の違いを判断することができるので、ご参考ください。

速記すごい。新タブレットAQUOS PADの手書きも、いい。アイデアを直感的に残せる。

http://www.lifehacker.jp/2013/08/130802aquospad_sokki.html

先週発売されたシャープ製のタブレット端末、手描き入力へのこだわりがすごいようです。動画も交えてご紹介。

タブレット市場での存在感増すGoogle、新型「Nexus 7」の投入で (1/2)

http://eetimes.jp/ee/articles/1307/30/news097.html

成長が著しいタブレット端末市場を最重要視しているGoogleは、今後もタブレットタブレット端末関連の開発に大きな投資をしていくようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スマートフォン全体の普及率の成長は鈍化しているものの、モバイルデバイスのスタンダードになっている証拠なのかもしれません。

今週のまとめ記事は以上です。

今週もモバイルファーストマーケティングラボをよろしくお願いします。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+