【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【まとめ】[8/24-8/30]スマートデバイス関連のニュース

【まとめ】[8/24-8/30]スマートデバイス関連のニュース

【まとめ】[8/24-8/30]スマートデバイス関連のニュース

みなさんこんにちは、ロックウェーブの岡本です。

今週月曜日も最新の市場動向や調査結果、キャリア各社の動きなどをご紹介いたします。

今週は、【外出時に気になることは、「身だしなみ」よりも「電池残量」】といった内容の調査記事3本を含むニュースが届いております。

まとめをチェックして、今週も幸先の良いスタートを切りましょう!

レポート・リサーチデータ

スマートフォンユーザーの電池の持ち・充電に関する意識・実態調査 | 共同通信PRワイヤー

http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201308264101/

ガラケーと比較して利用頻度が高く、電池切れしやすいスマートフォン。
今や身だしなみ以上に電池残量を気にかける人が多いことがソフトバンクBBの調査で明らかになりました。

ICT総研、全国100駅300地点のスマートフォン電波状況実測調査を発表――トップはauのAndroid端末 – ITmedia Mobile

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1308/28/news029.html

ICT総研が8月27日、「全国100駅300地点スマートフォン電波状況実測調査」を発表しました。トップのau Android端末は駅改札内通路にて次点を大きく引き離す通信速度を記録しました。

世界タブレット出荷予測、IDCが下方修正 大型スマートフォンやウェアラブルが影響 – ITmedia ニュース

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1308/30/news078.html

米調査会社IDCは8/29、2013年以降のタブレット出荷台数予測を下方修正する発表をしました。
これはGoogle Glassや腕時計型端末などの新しい端末の登場を考慮しての変更だと言うことです。

スマートフォン関連ニュース

Google独自スマートフォン「Nexus 4」、国内でも発売 – bizmash!

http://bizmash.jp/articles/49696.html

Google独自の4.7型スマートフォンが8/30発売されました。
SIMロックフリーモデルのみで、製造は韓国LGエレクトロニクス。LTEには非対応ということです。

スマートフォンのマイナーな機能を活用したワザありベストアプリたち : ライフハッカー[日本版]

http://www.lifehacker.jp/2013/08/130829boringfeatures.html

加速度センサーやマイク機能など、普段利用していてあまり気づかないようなマイナー機能を利用した便利なアプリが紹介されています。

パナソニック、個人向けスマートフォンから撤退か 日経報道 – ITmedia ニュース

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1308/29/news039.html

ドコモの2トップ戦略の影響を受けるメーカーが増加しています。
パナソニックが携帯基地局事業の売却を打診し、個人向けスマートフォン事業から撤退する見込みです。

タブレット関連ニュース

ドリキンが斬る!(5):新型Nexus 7 vs iPad mini タブレット十番勝負! (1/3) – @IT

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1308/30/news026.html

iPad miniのヘビーユーザーであるライターが、Nexus 7タブレットを1ヶ月利用して感じた点を「「十番勝負」としてまとめられています。

韓国のタブレット市場は7~8インチで勝負、難しいスマートフォンとの差異化 | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト

http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20130830/363264/?rt=nocnt

韓国IDCの調査では、国内では2012年には前年と比較して10%ほど減少しているタブレット販売台数。
韓国でのスマートフォンとタブレットの差異化についての記事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今週のまとめ記事は以上です。

今週もモバイルファーストマーケティングラボをよろしくお願いします。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+