【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【まとめ】[9/29-10/5]スマートデバイス関連のニュース&無料WPテーマ

【まとめ】[9/29-10/5]スマートデバイス関連のニュース&無料WPテーマ

【まとめ】[9/29-10/5]スマートデバイス関連のニュース&無料WPテーマ

みなさんこんにちは、ロックウェーブの岡本です。

今週月曜日も最新の市場動向や調査結果、キャリア各社の動きなどをご紹介いたします。

今週は、【家庭市場のスマートフォン所有率は49.8%】といった内容の調査記事5本を含むニュースが届いております。

まとめをチェックして、今週も幸先の良いスタートを切りましょう!

レポート・リサーチデータ

ネット通販に感じるメリットとは?【ネット通販利用者500人調査】

ブラケットによる調査にて、ネット通販で最も購入されるものが男女共通で「本・雑誌」であることが明らかになりました。
男性一位は「家電」、女性一位は「洋服」であるとのことです

ネット通販に感じるメリットとは?【ネット通販利用者500人調査】 – 速報:@niftyニュース

シニア層のタブレット所有率は21.5%、1年前より6.8ポイント増加

MMD研究所による調査で「60歳以上のシニア層の21.5%」がタブレット端末を所有していることが判明しました。
最も高い満足度の項目は「画面の大きさ」であるとのことです。

シニア層のタブレット所有率は21.5%、1年前より6.8ポイント増加―MMD 研究所 – インターネットコム

職場での私用スマートフォン利用実態を調査――会社側のリスク対策実施率は2.8%

MMD総研は10月2日「第2回 職場での私用スマートフォンの利用実態調査」の結果を発表しました。
連絡先の共有目的などが高い比率である一方、20%の企業がリスク対策を実施していないとのことです。

MMD、職場での私用スマートフォン利用実態を調査――会社側のリスク対策実施率は2.8% – ITmedia Mobile

家庭市場、タブレット所有率は20.1%……スマートフォン所有率は49.8%

調査会社IDC Japanは10/3、家庭市場におけるスマートフォン、タブレットおよびPCを合算した国内モバイル/クライアントコンピューティング市場の各機器に関するWeb調査の結果を発表しました。
スマートフォン所有者は若年層に多く、タブレットユーザーは40歳台がピークであるとのことです。

家庭市場、タブレット所有率は20.1%……スマートフォン所有率は49.8% | RBB TODAY

就活の短期化に対策…タブレットで第1志望の合格率が1.64倍!?

トレンド総研の調査にて、外出中にタブレット端末を利用している就活生の「第一志望企業合格率」が平均の1.64倍であることが判明しました。
外出中に企業サイトを確認できるなどの「効率的な情報収集」を実現していることからではないかと考えられています。

就活の短期化に対策…タブレットで第1志望の合格率が1.64倍(1/2) | RBB TODAY

スマートフォン関連ニュース

通知バーに便利機能を追加【スマートフォン120%活用術】

スマートフォン画面上部に表示される通知バー。
Androidアプリを利用することでよりわかりやすい表示にする方法が紹介されています。

通知バーに便利機能を追加:日経ウーマンオンライン【スマートフォン120%活用術】

スマートフォンがビジネスシーンを劇的に変える

いわゆる「ビッグデータ」の活用についての経営面からの記事です。
GoogleMapに渋滞情報が表示される理由などから活用方法を模索しています。

スマートフォンがビジネスシーンを劇的に変える | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト

Amazon が年内にもスマートフォンを発売するとのうわさ

Amazonはタブレット端末のKindleに続いてスマートフォン端末を新たに発売する可能性があるといううわさが広まっています。
3Dインターフェースを搭載し、Amazonの3Dコンテンツの利用促進につなげるのではとの見方をされています。

Amazon が年内にもスマートフォンを発売するとのうわさ – インターネットコム

スマートフォン広告市場のメディア対策

スマートフォンを利用した企業の広告戦略についての連載記事です。
企業コンテンツとアプリの活用法などについて紹介されています。

スマートフォン広告市場のメディア対策–(2)ソーシャルメディア – CNET Japan

タブレット関連ニュース

進研ゼミ、小学・高校講座でも専用Androidタブレットを提供

進研ゼミは学習サポートツールとしてAndroidタブレットを来年4月より小学生~高校生向けに提供すると発表しました。
対象講座を一定期間連続受講中の学生を対象に無償提供するとのことです。

進研ゼミ、小学・高校講座でも専用Androidタブレットを提供、全3機種 -INTERNET Watch

高精細画面で軽い新型タブレット iPadミニと激突

Googleが8月末に発売した新型タブレット「Nexus7」。
高解像度と価格でiPadに対抗する本商品についてのレビューが行われています。

高精細画面で軽い新型タブレット iPadミニと激突  :日本経済新聞

CEATEC 2013でパナソニックが4Kタブレットを展示、医療用途に提案

米調査会社IDCは8/29、2013年以降のタブレット出荷台数予測を下方修正する発表をしました。
これはGoogle Glassや腕時計型端末などの新しい端末の登場を考慮しての変更だと言うことです。

ニュース – CEATEC 2013でパナソニックが4Kタブレットを展示、医療用途に提案:ITpro

今週のレスポンシブWordPressテーマ

Simple is Best なレスポンシブテーマ:Runo Lite

runo-lite

レポートパッド風のシンプルなレスポンシブWordPressテーマです。
読み物系コンテンツでの更新を考えられている方には最適のテーマです。

WordPress ? Runo Lite ≪ Free WordPress Themes

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今週のまとめ記事は以上です。

今週もモバイルファーストマーケティングラボをよろしくお願いします。

photo credit: Johan Larsson via photopin cc

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+