【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【まとめ】[11/24-11/30]スマートデバイス関連のニュース

【まとめ】[11/24-11/30]スマートデバイス関連のニュース

【まとめ】[11/24-11/30]スマートデバイス関連のニュース

みなさんこんにちは、ロックウェーブの岡本です。

今週月曜日も最新の市場動向や調査結果、キャリア各社の動きなどをご紹介いたします。

今週は、【スマートフォンの出荷台数、今年は10億台に】といった内容の調査記事9本を含むニュースが届いております。

まとめをチェックして、今週も幸先の良いスタートを切りましょう!

レポート・リサーチデータ

スマートフォンの出荷台数、今年は10億台に – 平均単価は前年比約13%減

米調査会社IDCは2013年のスマートフォン出荷台数・販売価格についての予測を発表しました。
台数は16億台を超える見込みながらも、平均単価は値下がりする見込みです。

スマートフォンの出荷台数、今年は10億台に – 平均単価は前年比約13%減(IDC予測) – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

調査リポート:世界でのタブレット出荷、2014年にPCと横並びに

「世界におけるタブレットの出荷台数が2014年中にPC(デスクトップおよびノートPC)を合わせた出荷台数とほぼ並ぶ」
このような予測データを調査会社Canalysが発表しました。

調査リポート:世界でのタブレット出荷、2014年にPCと横並びに──Canalys予測 – ITmedia Mobile

感謝祭の買い物、タブレットの使用が携帯電話を購入時では上回る

アメリカの冬の一大イベント「感謝祭」でのタブレット端末からの購入数が携帯の155%となったことが判明しました。
ECサイトのトラフィック全体の42.6%がモバイル端末で、売上高の49%を占めているということです。

感謝祭の買い物、タブレットの使用が携帯電話を購入時では上回る – CNET Japan

カーナビやデジカメはスマートフォンに集約–ウェアラブル市場、創出へ

野村総合研究所(NRI)が11月27日、2018年度までの携帯電話やデジタルカメラを含む「デバイス市場」について動向分析と規模の予測を発表しました。
スマートフォンに集約化される市場と、ウェアラブル端末などの新しい市場の2つの傾向が出ています。

カーナビやデジカメはスマートフォンに集約–ウェアラブル市場、創出へ – ZDNet Japan

企業におけるスマホ導入率は39%、タブレットは33%

IDC Japanによる調査にて、国内企業におけるモバイルデバイスの導入率が明らかになりました。
タブレット端末の比率がここ1年で増加し、今後はタブレット端末の導入が増加すると見られています。

企業におけるスマホ導入率は39%、タブレットは33% – IDC Japan調査 | マイナビニュース

スマートフォンアプリのダウンロード時間、30秒ほどで ユーザーの3割がイライラし始める!?

ページの読み込み速度を改善する必要が、SEO以外にもあることが明確になりました。
スマートフォンアプリのダウンロード時間が60秒以上になると半数のユーザーが不満を感じるということです。

スマートフォンアプリのダウンロード時間、30秒ほどで ユーザーの3割がイライラし始める!? – ValuePress! [ プレスリリース 配信サイト ]

LTE対応スマートフォン所有者の55.5%が「つながりやすさ」を実感

MMD研究所による調査で、LTE対応スマートフォンを利用するユーザーの55.5%が「つながりやすさ」を実感していることが判明しました。
パケ詰まり経験は72.7が週に1度以上経験している模様です。

LTE対応スマートフォン所有者の55.5%が「つながりやすさ」を実感 | MMD研究所

国内ビジネスモビリティ市場、スマホが主流となるのは2016年

IDC Japanのよる国内法人向けモバイル端末の市場予測結果が発表されました。
wi-fiルータやタブレットのデーターARPUの増加による成長が見込まれています。

国内ビジネスモビリティ市場、スマホが主流となるのは2016年 | RBB TODAY

スマートフォンの大画面化は正しいことを裏付けるデータが登場

3インチから始まり、今では5インチ端末が定番化しているスマートフォンの端末画面。
画面が大型化したことで、利用量が増加していることが判明しました。

スマートフォンの大画面化は正しいことを裏付けるデータが登場 – ライブドアニュース

スマートフォン関連ニュース

Wi-Fiを賢く使うスマートフォン

PCの様にスマートフォンを扱うには必要不可欠なwi-fiの存在。
ウォール・ストリート・ジャーナルにて新しいサービスについて紹介されていました。

Wi-Fiを賢く使うスマートフォン – WSJ.com

スマートフォンのハードとソフトは分離する

スマートフォンの増加、WindowsXPのサポート終了など、企業を取り巻く端末環境は大きく変化しようとしています。
今後のソフトウェア・ハードウェアがどうなるかを米ガートナーのアナリストが予測しました。

スマートフォンのハードとソフトは分離する:米ガートナーアナリスト予測 – ZDNet Japan

タブレット関連ニュース

“タブレットで営業”の最強パートナー――手のひらサイズのプロジェクター「QUMI Q5」って知ってる?

タブレットを利用したプレゼンは、複数人が相手となると途端に「画面サイズ」によるトラブルが発生します。
そんな時に活躍する小型プロジェクターのレビュー記事です。

ビジネスでもプライベートでも大活躍:“タブレットで営業”の最強パートナー――手のひらサイズのプロジェクター「QUMI Q5」って知ってる? (1/2) – 誠 Biz.ID

2014年はタブレット主流、パソコン文化変貌も並行

TechCrunchが2014年にタブレット端末の台数がPC端末を追い抜くという予測を発表しています。
タブレット端末が増加することで何が起きるかについての記事と意見交換がされています。

2014年はタブレット主流、パソコン文化変貌も並行

2014年のタブレット市場、アップルやサムスンは厳しい価格競争に直面

PC並みの市場規模となることが予測されているタブレット端末市場。
しかし低価格帯商品の増加やコモディティ化などで厳しい競争が発生する見込みです。

ビジネスニュース 市場予測:2014年のタブレット市場、アップルやサムスンは厳しい価格競争に直面 – EE Times Japan

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今週のまとめ記事は以上です。

今週もモバイルファーストマーケティングラボをよろしくお願いします。

photo credit: JLM Photography. via photopin cc

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+