【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【まとめニュース】スマートフォン関連のニュースをまとめてチェック![11/5〜11/9]

【まとめニュース】スマートフォン関連のニュースをまとめてチェック![11/5〜11/9]

みなさんこんにちは、aishipの上林です。
11月の半ばに入り、一気に気温も下がってきています。体調管理には十分気をつけてくださいね。

IDCJapanが出した最新の予測で、来年(2013年)にはスマートフォンの市場規模がPCを上回ることが発表されていました。

その他最新の市場動向や調査結果、キャリア各社の動きも要チェック!


スマートフォン利用実態調査2012~購買プロセスにおけるスマホ利用率伸長
http://markezine.jp/article/detail/16703
20代男性のスマートフォン利用率は45.8%、20代女性も39%に大幅躍進。


2013年、スマートフォンの市場規模がPCを逆転……IDCが予測
http://www.rbbtoday.com/article/2012/11/06/97295.html
大手調査会社のIDC Japanは国内ICT市場は2013年に、スマートフォンの市場規模がPCを逆転すると、同レポートでは予測。


スマホの利用状況に関するWeb調査…主婦の所有率は4割弱
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/internetcom/20121102-OYT8T01035.htm
今までITには疎いと思われていた主婦層にまで、大きく広がっています。


スマホでライブを“お持ち帰り” 音楽不況で「付加価値」に活路
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1211/05/news039.html
これは嬉しいサービス。ライブの興奮をそのまま持ち帰ることができます。


最新SEMは複数デバイスを横断するユーザーへの意識が必須
http://japan.cnet.com/news/business/35024228/
モバイルデバイスではPCと比較すると検索結果ページのファーストビューで見える情報量が少ないことから、より目につきやすくするため「リスティングやSEOでの競争が激しくなるだろう」と予測。


企業でのスマートフォン支給率は6.8%、過去1年で急増――MMD研究所調べ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1211/07/news086.html
BYODについて、「会社公認で業務利用している」ユーザーは35.4%にも上る結果に。


スマートフォン・携帯電話出荷台数シェア:アップルが1位、半期別で2期連続
http://www.sbbit.jp/article/cont1/25627
MM総研では2016年度のスマートフォン出荷台数を3,760万台(スマートフォン比率85.6%)と予測。


サムスンのスマートフォン「ギャラクシー」、初めてiPhoneを抜き首位に
http://www.cnn.co.jp/tech/35024250.html
iPhone5の買い控えも考えられ、iPhone5は最初の週末だけで500万台が売れ、クリスマス商戦期にかけてさらに数百万台以上の販売が予想されている。


三陽商会、「スマートフォン対応レザーグローブ」2品を発売
http://mainichi.jp/select/release/news/20121109p0400a005012000c.html
これからの季節、非常に重宝します。


パソコンやスマートフォンを1日中使っても体を痛めない方法(ビデオあり)
http://jp.techcrunch.com/archives/20121108how-to-use-electronics-all-day-without-destroying-your-body/
毎日ほとんどの時間、接しているからこれは注意したいところ。


以上です。
今週もよろしくお願いいたします。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+