【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【まとめニュース】スマートフォン関連のニュースをまとめてチェック![11/12〜11/16]

【まとめニュース】スマートフォン関連のニュースをまとめてチェック![11/12〜11/16]

先週は、Googleから新たなモバイル向けの戦略ガイドブック「MOBILE PLAYBOOK」の日本語版が発表されていました。
セミナーをしていても、モバイルへの取り組みに悩んでおられる経営者の方は多いです。

その他最新の市場動向や調査結果などもチェックください!


THE MOBILE PLAYBOOK〜スマートフォン急拡大のなかで求められるマーケティング戦略〜[グーグル]
http://diamond.jp/articles/-/27389
グーグルが、「経営者のためのスマートフォン プレイブック 『The Mobile Playbook』 日本語版」をリリース。モバイル戦略を進めるにあたっての疑問などにGoogleのモバイル営業戦略担当ディレクターが解説しています。


会社配布のスマートフォン導入企業が急増 – MM総研調
http://www.rbbtoday.com/article/2012/11/06/97295.html
スマートフォンを配布している企業のうち、15.6%は「本格的に導入利用済み」、11.6%は「テストまたは部分導入利用済み」と回答。


シニア向け“らくらくスマートフォン”が人気!ボタン感覚で簡単操作
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20121116/ecn1211160712001-n1.htm
ボタンを押す間隔で操作ができる液晶タッチパネルを採用しているスマートフォンが、順調に売上を伸ばしている。
シニア層のスマートフォン需要も大きくなっていると予想できます。


iPhone人気低下 アップルの中国スマホシェア6位に
http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY201211160527.html
アップルは高いコストパフォーマンスを誇る中国メーカーに包囲され、やや体力を落としている。


最新SEMは複数デバイスを横断するユーザーへの意識が必須
http://japan.cnet.com/news/business/35024228/
モバイルデバイスではPCと比較すると検索結果ページのファーストビューで見える情報量が少ないことから、より目につきやすくするため「リスティングやSEOでの競争が激しくなるだろう」と予測。


サイバーエージェントがスマホに注力、「Amebaスマホ」で大勝負
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20121115_573174.html
サイバーエージェントはスマートフォンへ軸足を移すため、1カ月で総額30億円の広告費を投入するという。


中国の第3四半期スマホ市場、「Android」がシェア9割
http://www.sbbit.jp/article/cont1/25627
iPhoneの平均価格はAndroidスマートフォンの平均価格の3.25倍にもなるらしい。


韓国では中低価スマートフォンを購入できないとは
http://japanese.joins.com/article/742/162742.html?servcode=100&sectcode=110
韓国国内で販売されるスマートフォンは「大容量・高仕様」の高価製品一色で、消費者の選択権が制約され、過度な通信費負担の原因になっているという。


使い勝手抜群のアプリが話題に 販売台数3,000万台突破のドコモスマートフォン
http://mdpr.jp/021211999
Android搭載のスマートフォン、GALAXY S III。パソコンにも匹敵するほどの高機能&高スペックを持つ同機種は、まだまだ販売台数を伸ばしそうです。


スマートフォンの普及はインドのモバイルゲーム産業を促進
http://japan.internet.com/release/250759.html
インドの調査会社RNCOS社は、インドのモバイルゲーム産業は2012-2015年にCAGR約43%で成長するだろう、との予測結果を発表しました。


以上です。
今週もよろしくお願いいたします。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+