【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【まとめニュース】スマートフォン関連のニュースをまとめてチェック![1/15〜1/18]

【まとめニュース】スマートフォン関連のニュースをまとめてチェック![1/15〜1/18]

みなさんこんにちは、aishipの上林です。
関東の方では例年にない大雪に見舞わてれいますね。通勤などお気をつけください。

さて、5インチを超える大きなディスプレイを持つスマートフォンが登場していますが、今年は出荷台数でも大きく伸長する見通しです。

その他最新の市場動向や調査結果、キャリア各社の動きも要チェック!


Appleのスマートフォン市場占有率は2013年の22%が頂点となる見通し
http://jp.techcrunch.com/archives/20130117apples-smartphone-marketshare-expected-to-peak-at-22-in-2013-says-abi-research/
iPhoneを提供しているAppleの市場シェアは、本年2013年にピークを迎えるだろうというレポートが出ている。ABI Researchによるもので、Appleの全世界でのシェアは5分の1を少々上回る(22%)ことになるだろうとしている。


関心の高さも「iPhone並み」に – サムスン製スマートフォンの人気上昇
http://wirelesswire.jp/Watching_World/201301181122.html
アンケートによると、今後90日以内に新端末を購入する意欲があるとした回答者のうち、サムスン(Samsung)製端末を購入すると答えた人の割合は、2012年12月時点で全体の21%にのぼった。


いい加減、スマートフォンが進化して欲しい
http://blogos.com/article/54210/
頭痛持ちの筆者が体に負担のかからないスマートフォンの解決策を提案。


アナリストによれば2013年は5インチ・スマートフォンがブレークする— 6000万台、136%のアップ
http://jp.techcrunch.com/archives/20130116analyst-5-inch-phones-will-more-than-double-marketshare-in-2013-60m-incoming-up-136/
5インチ以上のディスプレイを搭載したスマートフォンをファブレットと定義し、2013年の出荷台数は6040万台で2012年の実績の2560万台から136%のアップとなると予測している。


無くしたスマホを探せ。『スマートフォン サーチャー』は、非常駐の頼れるヤツ
http://www.tabroid.jp/app/tools/2013/01/kato.com.ktai.html
Android版の端末検索アプリで万が一スマートフォンを紛失してしまっても安心です。


JavaScriptのスマホ対応時に知らないと損する16のコト (1/3)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1301/16/news029.html
スマホ向けサイトにおけるJavaScriptの4つの主な役割、実装上の3つの注意点、よく使われるOSSライブラリ4選、OS/機種依存事例5選などを紹介。


変わるカンボジアのスマートフォン市場
http://response.jp/article/2013/01/17/188963.html
現在カンボジアのスマートフォン市場では、Android OSベースで端末の多様性をもつSumsungのシェアが郡を抜いている。一方iPhoneは、iOSベースの唯一の携帯電話であり多様性はない。業界関係者は、OSもアップルにとっての障害になってしまっていると話す。


中国、世界1のスマートフォン生産国に
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1301/10/news06.html
16日、北京で行われた2012年中国インターネット産業年次総会で、中国は2012年のスマート端末出荷数が2億2400万台となり、世界1のスマートフォン生産国となりました。


Photo : techcrunch

以上です。
それでは今週もよろしくお願いいたします。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+