【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【まとめニュース】スマートフォン関連のニュースをまとめてチェック![2/12〜2/15]

【まとめニュース】スマートフォン関連のニュースをまとめてチェック![2/12〜2/15]

みなさんこんにちは、aishipの上林です。
先週末は全国的に冷え込みましたが、体調など崩されてはおられませんでしょうか?

ある調査で携帯電話市場全体はわずかに縮小していますが、スマートフォン全体の販売台数は4割近く増加していることが分かりました。

その他最新の市場動向や調査結果、キャリア各社の動きも要チェックください!


フィーチャー・フォンの失速を尻目に勢いづくスマートフォン――2012年の携帯電話市場は1.7%の縮小
http://www.computerworld.jp/topics/634/206418
米調査会社Gartnerによると、携帯電話市場全体の販売は2011年から2012年にかけて、1.7%縮小しているが、スマートフォン販売台数は前年同期38%増で過去最高の2億770万台に達したとのこと。


タブレット端末利用 男性は「1人、外で」、女性は「家族と自宅で」、博報堂調査
http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1302/13/news132.html
タブレット端末の利用シーンの調査では、「ソファに座りながら」と答えた人が全体の62%に及び、自宅でじっくりと閲覧する人が多いことが浮き彫りになってきています。


EC市場の伸びを牽引するスマートフォンの対策とは?
http://web-tan.forum.impressrd.jp/u/2013/02/15/14684
ECサイトのスマートフォン最適化を行う上で重要視すべき項目を体系立てて解説。


OS別スマートフォン出荷シェア、アンドロイドが7割
http://www.cnn.co.jp/tech/35028292.html
昨年1年間ではアンドロイドを搭載したスマートフォンは全出荷台数の68.8%を占め、iOSのシェアは18.8%だった。この2つのOSを合わせたシェアは87.6%となり、ブラックベリーやマイクロソフトに大きく差をつけている。


スマートフォンやタブレットで使える!「Microsoft Wedge Mobile Keyboard」のアメリカ英語版を買ってみた【コラム】
http://getnews.jp/archives/290478
マイクロソフト製のBluetoothキーボード。世にあるほとんどのモバイル端末で使用可能とのことです。


荷物の落下をスマートフォンに伝えるセンサー DropTag (動画)
http://japanese.engadget.com/2013/02/12/droptag/
運送会社にとっては壊れた可能性のある荷物を運送する手間をなくし、荷受人にとっては受領確認をする前に荷物の状態を確認することで、破損しているかもしれない荷物を受取るリスクを減らせる双方にとってメリットのあるサービス。


Opera ブラウザ、月間利用者数が3億人突破―スマートフォン向けには Webkit/Chromium を
http://japan.internet.com/busnews/20130214/10.html
初の利用者数3億人を突破したOpera、今後はAndroid や iOS に次世代のブラウザを提供するため、Webkit や Chromium の比重を強めていくとのこと。


以上です。
それでは今週もよろしくお願いいたします。

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+