【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【まとめ】スマートデバイス関連のニュース[5/13〜5/17]

【まとめ】スマートデバイス関連のニュース[5/13〜5/17]

スマートデバイス最新ニュースまとめ

みなさんこんにちは、aishipの上林です。

さて、ある調査では今まで影が薄かった「Windows Phone」のシャアが「BlackBerry」を抜き、世界3位となったと発表がありました。

その他最新の市場動向や調査結果、キャリア各社の動きも要チェックください!


全世界のスマートフォンの営業利益シェア: トップはApple(57%), Android世界でトップはSamsung(95%)
http://jp.techcrunch.com/2013/05/17/20130515apple-bagged-57-of-12-5b-in-smartphone-profits-in-q1-android-43-samsung-95-share-of-that-more-than-google/
台数ベースではSamsungがAppleに差をつけていますが、以前売上利益で見た時に高級ブランドを確立しているAppleを抜いてトップには立てていないようです。


「Windows Phone」、世界スマートフォン市場で3位に躍進–2013年第1四半期
http://japan.cnet.com/news/business/35032177/
大手調査会社IDCが、2013年第1四半期の世界市場におけるスマートフォン出荷台数で「Windows Phone」が「BlackBerry」から3位の座を奪ったと発表しました。


米スマートフォン市場、プリペイド式端末が3分の1に(2013年第1四半期)
http://wirelesswire.jp/Watching_World/201305171257.html
2013年第1四半期に米国で販売されたスマートフォンの約3分の1がプリペイド式のサービス加入者とのこと。販売台数は前年同期に比べて約2倍となり、スマートフォン全体のなかでのシェアも32%と、前年同期の21%から二桁の増加を記録しています。


そもそもiPhoneは「スマートフォン」なの? – いまさら聞けないiPhoneのなぜ
http://news.mynavi.jp/articles/2013/05/17/iphone_why59/
実はAppleはiPhoneを”スマートフォン”と呼んでいません。発表会など公式の場において、iPhoneはただ「iPhone」と表現されています。


“Intel Inside”なAndroidタブレットの実力は?――「Fonepad ME371MG」を試す(後編) (1/2)
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1305/17/news043.html
各種ベンチマークテストやバッテリー動作時間の測定を通じて、Atom Z2420の実力を確かめます。


IMJ調査レポート、「タブレット端末でのサイトユーザビリティ調査」を発表
http://www.imjp.co.jp/press/release/20130515_000959.html
7インチタブレットユーザーの最大34%はスマートフォンサイトを支持という結果もでています。


PCとタブレットのメールを連動…賢く使う複数端末(3)
http://www.yomiuri.co.jp/net/qanda/20130513-OYT8T00515.htm
パソコンやタブレット、2つの端末で上手くメールを連動させる方法と注意するポイントをデバイスの特徴に合わせてご紹介します。


スマホやタブレットでPDFを活用
http://www.yomiuri.co.jp/net/column/mobile/20130513-OYT8T00909.htm
ビジネスシーンなどにおいて、PDF文書をやり取りする機会は多いですが、メールで送られてきたPDF文書に、注釈などを書き込んで返信できるアプリを紹介します。


以上です。
それでは今週もよろしくお願いいたします。

photo credit: Jorge Quinteros via photopin cc

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+