【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【まとめ】スマートデバイス関連のニュース[5/20〜5/24]

【まとめ】スマートデバイス関連のニュース[5/20〜5/24]

スマートデバイス最新ニュースまとめ

みなさんこんにちは、aishipの上林です。

さて、電子情報技術産業協会(JEITA)の発表によると、13年4月の出荷台数は46万2000台と、前年と比べると30%以上の激しい落ち込みを記録。タブレットの普及が大きく響いているようですね。。

その他最新の市場動向や調査結果、キャリア各社の動きも要チェックください!


スマートフォン、アプリの利用時間はウェブサイト訪問時間の2倍
http://japan.cnet.com/marketers/news/35032320/
アプリの利用時間は31時間27分。ウェブサイトのみに絞り込むと、訪問者は2676万人、訪問時間は13時間9分となり、アプリの利用時間がウェブサイトの2倍超となっています。


ノートPC4月出荷台数、前年比35%の大幅減…タブレット普及に苦戦
http://www.j-cast.com/2013/05/23175732.html
電子情報技術産業協会(JEITA)が2013年5月23日発表したところによると、13年4月の出荷台数は46万2000台と、前年比34.9%の落ち込みを記録した。


スマートフォン・タブレットをクレジットカード決済端末にするモバイル決済サービス「Square」が日本でも開始
http://getnews.jp/archives/347411
Squreは、スマートフォンやタブレットの3.5mmイヤフォンジャックに装着できる小型のカードリーダとモバイルアプリで構成されるモバイル決済サービス。PayPal Hereに似たサービスですが、日本でもついに開始されました。


2012年度のタブレット出荷台数は前年比倍増、3年連続1位のアップルはシェア52.5%
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130527/479701/
MM総研は2013年5月23日、2012年度(2012年4月~2013年3月)の国内タブレット端末の出荷台数が前年度の2倍以上の568万台(増加率104.3%)だったと発表した。メーカー別シェアはアップルが過半数を占め、3年連続で1位となった。


世界初の倫理的な素材調達を行うスマートフォンFairphoneが予約販売で資金募集中
http://jp.techcrunch.com/2013/05/25/20130524the-fairphone-worlds-first-ethically-sourced-smartphone-opens-pre-sales-to-general-public/
Fairphoneは3年前に、消費者電子製品における紛争鉱物の利用、という問題の社会的な啓蒙を目指して発足。素材の調達と製造と流通の全操業域にわたって倫理性のあるスマートフォンをを作ることによって、自分たちの知識を行動を通じて広めようとしています。


スマートフォンが広告業界を変える、急拡大するスマホ広告市場の背景にあるアドテクノロジーの進化とは?
http://markezine.jp/article/detail/17617
スマートフォンの普及、アドテクノロジーの進化に伴って、複雑になる施策の効果を横断的に把握することは大きな課題になっている。


スマホからアクセスしたアダルト情報サイトに関する相談が急増……国民生活センター
http://www.rbbtoday.com/article/2013/05/22/108262.html
国民生活センターは21日、スマートフォンからアクセスしたアダルト情報サイトに関する相談が急増しているとして、注意喚起する情報を公開した。


子どものスマートフォン化の実態(2)
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1305/20/news024.html
スマートフォンを利用する上で欠かせないキーワードが、アプリと無線LAN(Wi-Fi)の2つだ。子どもにスマホを持たせるなら、保護者がこの2つを理解しどう管理するかが重要になる。


渋谷駅周辺/スマートフォンを活用したO2Oサービス開始
http://ryutsuu.biz/it/f052319.html
ICタグ内蔵シールを設置し、渋谷を訪れた人がNFC搭載スマートフォンをシールにかざすと、近隣の店舗のお得情報やイベント情報など、「その場」「その時」に適した限定の情報やサービスがスマートフォンに配信されるサービスを開始。


以上です。
それでは今週もよろしくお願いいたします。

photo credit: NASA HQ PHOTO via photopin cc

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+