【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

ECサイト構築クラウド型プラットフォーム

【本日】誠に勝手ながら、全社員研修のため、2017年4月20日(木)の13:00以降はお電話によるサポート受付を休止させていただきます。

モバイルファーストマーケティングラボ

【まとめ】スマートデバイス関連のニュース[5/27〜5/31]

【まとめ】スマートデバイス関連のニュース[5/27〜5/31]

スマートデバイス最新ニュースまとめ

みなさんこんにちは、aishipの上林です。

さて、ある調査によると、タブレット端末の所有率が1年間で約2倍も増えていることが明らかになりました。

その他最新の市場動向や調査結果、キャリア各社の動きも要チェックください!


タブレット端末で最も利用されているコンテンツは? VRI調査
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/31/115/index.html
ビデオリサーチインタラクティブ(VRI)はタブレット端末やスマートフォンの利用動向調査の結果を発表しました。調査では、タブレット端末の所有率や、よく利用されているコンテンツなど気になるデータが含まれています。


「GREE」「Mobage」は20代男性、「Ameba」は30代女性が支持【スマートフォンゲーム利用状況調査】
http://markezine.jp/article/detail/17873
こちらはスマートフォンのゲームの調査について。1日あたりの平均プレイ時間は、4割以上が「10分以上30分未満」だそうです。


次に来る「スマートフォンIP電話」、その先進事例は
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1305/30/news06.html
業務でスマートフォンやタブレットを使うことが一般化すると音声通話の形も大きく変わるかもしれません。


世界のタブレット市場、まもなくAndroid端末がiPadを追い抜く、米社の予測
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130531/481061/
「iPad」は世界のタブレット端末市場で今も高いシェアを保っていますが、低価格のAndroid端末が急速に伸びており、iPadの出荷台数はまもなくAndroid搭載タブレットに抜かれるとする分析結果を米ABI Researchが公表しました。


「Windows 8 Pro」搭載 10.6インチのタブレット型PC「Surface Pro」
http://www.j-cast.com/mono/2013/06/01176170.html
Office Home and Business 2013を標準搭載した、Windows 8 Pro。本体参考価格は、128ギガバイトモデルが9万9800円、256ギガバイトモデルが11万9800円。


タブレットを活用した救急患者の広域情報共有システムが始動、静岡県駿東地区
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1305/31/news13.html
タブレット端末を活用してデータを入力し、クラウドで保存・管理。救急隊と医療機関で傷病者の情報と受け入れ可能状況をリアルタイムに共有できるシステムを構築。受け入れ体制の効率化が期待できます。


PCからタブレットへ、コンシューマから顕著に
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/30/049/index.html
多くのユーザにとってネットを使ってニュースチェック、メール、資料を閲覧するといった行為は現在のスマートフォンやタブレットデバイスで十分であり、タッチパネルで直感的に操作できるということもあってPCの必要性は明らかに減ってきています。


「jQuery Mobile」を活用したスマートフォンサイト作成(後編)
http://codezine.jp/article/detail/7156
JavaScriptライブラリの中でも人気が高まりつつあるjQuery UIとjQueryプラグインをサンプルを交えて紹介していきます。


米モトローラ、今秋にも新たな米国製スマートフォンを発売へ
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE94T08320130530
新たなスマートフォンは「Moto X」と呼ばれ、テキサス州の工場で製造される見通しのようです。


以上です。
それでは今週もよろしくお願いいたします。

photo credit: JD Hancock via photopin cc

”スマホで売れる”ためには必須の「レスポンシブECサイト」とは?

CTA-IMAGE 2019年、ECサイトの利用者は今やスマ―トフォンからが7割を超え、市場のニーズは完全にPCからスマホに転換しました。
また、検索エンジン大手のGoogleも「モバイルファーストインデックス」を打ち出し、スマホ対応の手段として正式に「レスポンシブWEBデザイン」を推奨しています。 そのような背景から、昨今のEC市場ではスマートフォンへの適切な対応が急務となっており「レスポンシブECサイト」のニーズが非常に高まってきています。本パンフレットではECサイト運営を取り巻く環境の変化を、レスポンシブECサイト構築導入実績No.1のプラットフォームである「aishipR」の機能や実績を踏まえながらまとめました。

・レスポンシブECサイトがなぜ今選ばれるのか
・これまでのECサイトの課題とは何なのか
・どのようにすれば解決できるのか

といったノウハウから、プラットフォーム変更で得られる効果の実例まで網羅して解説しています。
ECサイトの運営されておられる経営者様だけでなく、運営担当者様にも必ずお役に立つ内容となっておりますので、是非ご活用ください。
機能のご確認はお気軽にお問合せ、もしくは2週間無料お試し利用で。
aishipRの無料体験、お問合わせはお気軽に。説明会・資料請求も受付中。
0120-173-163
0120-173-163
無料体験
  • 無料体験
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
  • 問合せ
  • 説明会
  • 資料請求
+