クラウド型ECサイト構築ASP

3Dセキュア2.0対応

クレジットカード決済の不正利用対策 3Dセキュア2.0でセキュリティ強化

近年、ECサイトにおけるクレジットカードの不正利用による被害が拡大しており、対策が急務となっております。3Dセキュアはその対策の1つです。

2022年10月にクレジットカードブランド各社の方針により、従来の3Dセキュア1.0から3Dセキュア2.0に全面移行します。2022年10月以降、3Dセキュア1.0利用取引での不正利用発生時の売上損失は、EC事業者側の負担となります。この為、今後3Dセキュアの導入には新バージョンの2.0に対応したカートシステムの利用が必須となります。

3Dセキュア1.0では、認証フローの煩雑さがネックとなり、導入を見送っていたEC事業者が多く見られました。しかし3Dセキュア2.0では、クレジットカード決済時にリスクベース認証(※)を行い、不正利用の可能性が高いと判定された場合にのみ、追加で本人確認を行います。 第三者不正利用リスクが低いと判断された場合には、カード会社の本人認証画面が表示されずに決済完了となるため、正規利用者の注文操作を妨げずにカゴ落ちのリスクを軽減することが可能です。

※リスクベース認証とは、デバイス情報や、位置情報、曜日や時間帯などの購入者さまの行動パターンが普段と異なる場合、第三者による不正利用を疑い、リスクのレベルをカード会社により判定します。

 

クレジットカード決済の不正利用対策 3Dセキュア2.0でセキュリティ強化

近年、ECサイトにおけるクレジットカードの不正利用による被害が拡大しており、対策が急務となっております。3Dセキュアはその対策の1つです。

2022年10月にクレジットカードブランド各社の方針により、従来の3Dセキュア1.0から3Dセキュア2.0に全面移行します。2022年10月以降、3Dセキュア1.0利用取引での不正利用発生時の売上損失は、EC事業者側の負担となります。この為、今後3Dセキュアの導入には新バージョンの2.0に対応したカートシステムの利用が必須となります。

3Dセキュア1.0では、認証フローの煩雑さがネックとなり、導入を見送っていたEC事業者が多く見られました。しかし3Dセキュア2.0では、クレジットカード決済時にリスクベース認証(※)を行い、不正利用の可能性が高いと判定された場合にのみ、追加で本人確認を行います。 第三者不正利用リスクが低いと判断された場合には、カード会社の本人認証画面が表示されずに決済完了となるため、正規利用者の注文操作を妨げずにカゴ落ちのリスクを軽減することが可能です。

※リスクベース認証とは、デバイス情報や、位置情報、曜日や時間帯などの購入者さまの行動パターンが普段と異なる場合、第三者による不正利用を疑い、リスクのレベルをカード会社により判定します。

特徴の詳細

API型連携

クレジットカード情報はショッピングカート内で入力可能です。本人認証が必要だと判定されなければ、外部サイトに遷移することなく、一連の注文操作をショッピングカート内で完結できます。

リンク型連携

ショッピングカート内で注文を確定させた後、クレジット決済画面に遷移します。本人認証サービスの3Dセキュアは決済時にクレジットカード番号、有効期限等の情報に加え、クレジットカード利用者があらかじめ登録したパスワードの入力が必要となります。

さらに、不正利用が疑われる人のみワンタイムパスワードなどでの本人認証を行うEMV 3-Dセキュアに対応しております。

オプションご利用料金

初期費用
無料
月額費用
無料

※ご利用にあたり、対応決済サービスへのお申込みが必要となります。

システムの特徴や詳細な機能性、成功事例など

まずはお気軽に
資料ダウンロード!


TOP > 機能一覧 >